リーフと暮らす毎日:電気自動車をこよなく愛するレーシングドライバー、ブエミの場合

クルマの電動化という世界的なトレンドの中、電気自動車(以下、EV)を活用したモータースポーツとして注目を浴びているフォーミュラE。プライベートでも「日産 リーフ」のオーナーであるセバスチャン・ブエミ選手が、EVの魅力を紹介してくれました。

過酷なレースでも 日々の子供の送り迎えでも 常にワクワクする走りを

EVに対するブエミ選手の情熱は、日産が電動化車両を主要市場へ積極的に投入し、カーボンニュートラルの実現を目指す固い決意と重なります。日産のグローバル・アンバサダーであり、フォーミュラEで日産e.damsチームのドライバーとして活躍する彼にとって、EVは仕事でもプライベートでも欠かせない存在になっています。

「私は、サーキットで競うときだけでなく、子供の学校の送り迎えや、休みの日に地元スイスで買い物をするときにもEVに乗っています。日常生活の中で『リーフ』をよく運転しているので、サーキットの外でもEVのワクワク感を楽しめているんです」

2018年にフォーミュラEに初参戦して以来、ブエミ選手はバッテリーに蓄えられた電力を効率的に使いながら力強く走行するフォーミュラEマシンにすっかり魅了されているそう。「リーフ」にも様々な機能が搭載されているため、日々のドライブでもレーシングカーに負けない無駄のない走りを実現してくれます。

「日産e.damsチームの一員としてフォーミュラE に参戦していますが、レースの度にEVがもつ爽快な加速力、そして効率的な電力消費に驚かされています」とブエミ選手。
「『リーフ』なら日々のドライブでワクワク感を味わえます。e-Pedalを使いながら、瞬時に加速するレースに劣らない楽しいドライブを体験できますし、ブレーキ時にはバッテリーが充電されます。いつでも安心してハンドルを握ることができるんです」
・・・
レーシングドライバー視点での「リーフ」の魅力についてのインタビュー、気になる続きはこちらの日産ストーリーズのリンクからお楽しみください:
 ►https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/buemi-lives-electric-mobility
(この記事は2021年6月時点のものです)

★日産ストーリーズとは?
日産の人、商品、技術が生み出すワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介するメディアです。

画像ギャラリー