「Zらしさ」の本質

1969年に初代モデルが発売されて以降、世界中のスポーツカーファンを魅了し続ける「フェアレディZ」。どの世代の「Z」も、日本を代表するスポーツカーとして、これぞ「Z」というアイデンティティを保ち続けています。なぜ、「Z」は人々に愛され続けるのか。なぜ、「Z」は特別なのか。

その答えを探すために、日産のチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志が、「Z」の魅力や「Zらしさ」について語ります。

「フェアレディZ プロトタイプ」の魅力に迫る

Q:「Zらしさ」とは何でしょうか?
田村:私にとっての 「Zらしさ」とは日産のスピリットそのものです。一目で人を魅了し、ずっと付き合っていきたいと思わせるデザイン。ドライバーとクルマがまさにシンクロしたかのような、一体感や絆を感じることができ、そして結果として強いドライビングプレジャーを生み出す。それが「Zらしさ」だと思います。

Q:ドライバーの心と身体、そして魂と「Z」がどのようにつながるのか、詳しく教えてください。
田村:世の中に高い動力性能を誇るクルマはたくさんありますが、「Z」は、その高性能を誰もが楽しむことができ、ドライバーとクルマの一体感を感じることができるのです。
・・・

インタビューの続きは、日産ストーリーズでじっくりお楽しみください!
https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/the-essence-of-z-ness

(この記事は2020年12月時点のものです)

画像ギャラリー