リーフと暮らす毎日:電気自動車天国のノルウェーの場合

ノルウェーは、世界で初めてEVが新車販売台数の半数を超えた国です。その背景には、ノルウェー政府が1990年代から10年以上にわたり、消費者や地方政府に対して積極的にEV優遇措置を適用し、EVへの乗り換えを後押ししてきたことがあります。
今回は、そんなEV大国ノルウェーに住む「リーフ」オーナーのマリア ヤンセンさんへの取材を通じ、EVの魅力をお伝えします!

“EV大国”ノルウェーで走る #日産リーフ —50万台目を手にしたオーナーが語るその魅力

日産「リーフ」50万台目のオーナーは、ノルウェーに住むマリア ヤンセンさん。
「リーフ」は、環境に優しいだけでなく、乗り心地が良くてお財布にも優しい、まさに理想のクルマだとマリアさんは話します。

新型コロナウィルスの影響下でも、2020年のEV世界販売台数は前年比43%増加し、300万台以上を記録。ノルウェーのノルドレ・フロンに住むマリアさんが購入した赤い新型「リーフ」もそのうちの一台です。

この新型「リーフ」は、マリアさんにとって2台目の「リーフ」。2017年に購入した一台目を、すっかり気に入ってしまい、同じクルマへの買い替えも必然的だったとか。夫と暮らすそんなマリアさんの楽しみは、隣国スウェーデンに住む孫に会いに行くこと。新型「リーフ」は、一台目と比べて航続距離が延びたため、長距離ドライブであってもドライブ途中での充電の心配がありません。すでに何万マイルものエコドライブを楽しんできたそうです。

彼女が語る「リーフ」との生活の続きは、日産ストーリーズでチェックしてみてください!
 ►https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/up-norway
(この記事は2021年6月時点のものです)

★日産ストーリーズとは?
日産の人、商品、技術が生み出すワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介するメディアです。

画像ギャラリー