新型「フェアレディZ」に隠されたデザインの要素を一挙解説!

まったく新しいデザインをまとって誕生した新型「Z」。一目見ただけで「Z」と分かるそのデザインには、歴代の「Z」から着想を得た数々の要素が、さりげなく取り入れられています。
50年にわたる歴代の「Z」に学び、再構築し、そして新たに生み出したデザイン。そのこだわりのポイントをご紹介します。

エクステリア

隠れた黄金比:
人間が、本能的に美しいと感じる黄金比。例えば、自然の中ではオウム貝、芸術の世界ではレオナルド・ダ・ヴィンチの作品、さらに建築物や音楽にもこの黄金比は現れます。新型「Z」では、ドアとサイドウインドウのバランス、そしてフロントとリアのスタイリングにこの黄金比が用いられ、自然で心地よい美しさを感じさせます。

グリル:
シャープな長方形のグリルは、初代モデルやZ33型のグリル形状を参考としており、V6ツインターボエンジンへ空気を導入する機能もしっかりと果たしています。一つひとつのグリルの穴は、Z32型のテールランプへのオマージュで、角が取れた長方形に仕上げています。

その他、日産ストーリーズサイトでは、ミスターKこと片山豊氏のエピソードや、リアガラスに隠されたメッセージなど、まだまだ思わず話したくなるコンテンツをお楽しみいただけます!下記リンクからご覧ください。
 ►https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/all-new-z-hidden-designs

★日産ストーリーズとは?
日産の人、商品、技術が生み出すワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介するメディアです。

画像ギャラリー