電動化を牽引する「日産リーフ」発売から10年の歩み

日産初の量産型電気自動車(EV)「日産リーフ」は2020年に、おかげさまで発売10周年を迎えました。日本、米国、欧州から販売を開始した「日産リーフ」は、今では59の国や地域で販売され、累計販売台数も50万台に到達。その10年の歩みをご紹介します。

2010年 日産初の量産型EV「日産リーフ」を発売

急速な都市化や産業活動の進展に伴い、私たちは地球温暖化などの深刻な環境問題に直面しています。ゼロエミッション社会の実現に貢献し、お客さまへ運転する楽しさや移動する喜びを提供し続けるため、日産が世界に向けて発売したのが、走行中にCO2を一切排出しない「日産リーフ」でした。走り出しから滑らかに力強く加速し、誰でも安心して操縦できる高い走行性能。驚くほど静かな室内。携帯電話を使ってクルマの充電状況を確認し、家の中からクルマのエアコンを操作するなど、これまで見たことのない便利な装備。当時、「日産リーフ」に乗った人は、誰もが驚き、そして笑顔でクルマを降りてきました。

日産は各国の政府や自治体、電力会社などとともにEVの普及促進に取り組み、充電インフラの整備にも力を尽くしてきました。2010年には200基ほどしかなかった日本国内のCHAdeMO規格の急速充電器も今では約7,900基まで増加(2020年11月時点、コネクタ数)し、世界では計32,300基に達しています。

「日産リーフ」は世界各国で高い評価を得て、「欧州カー・オブ・ザ・イヤー2011」「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2011」「2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー」などを始めとする数々の賞を受賞しました。初代モデルは24kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、満充電時の航続距離は200km(JC08モード)でした。

このあとは第2世代の「リーフ」や「リーフニスモRC」などが続々登場!

続きはこちらの日産ストーリーズリンクからお楽しみください:
 ►https://global.nissanstories.com/ja-JP/releases/nissan-leaf-10years
(この記事は2020年12月時点のものです)

★日産ストーリーズとは?
日産の人、商品、技術が生み出すワクワクと情熱にあふれるストーリーを紹介するメディアです。

画像ギャラリー