これまでのグランプリ作品を一気見!~LEXUS DESIGN AWARD~

国際デザインコンペティション LEXUS DESIGN AWARD2022 は、7月13日から10月11日AM6:59まで応募受付をしております。
https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_award/

今回は、過去のグランプリ受賞作品を振り返ります。

【2019年】

「Algorithmic Lace」(リサ・マークス)
3Dのレースを作る新しいメソッドを用いて製造された、乳房を切除した人のためのカスタムメイドのレース製下着。乳房切除手術後に多くの方々が抱く下着への不快感を取り除き、彼女たちの新しい人生に自信を与える可能性を秘める作品です。
こちらの先品のグランプリ受賞理由や他のファイナリストの作品は下記のリンクよりご覧ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/27504498.html

【2020年】

「Open Source Communities」(BellTower(ジョン・ブライアン・カマウ、ジョイス・ワイリム・ガチリ、イアン・ギテギ・カマウ、エスター・ワンジク・カマウ、アービン・ブッカー・カマウ))
誰でも容易にアクセスできて低コストなオープンソースのソフトウェアを活用し住宅設計を行い、浄化機能を備えた雨水タンクも設計に組み込むことで安定した水資源の確保ができていない地域の生活水準を改善するコミュニティデザインの提案。受賞者BellTowerの出身国であるケニアで課題となっている安全な水資源の確保を、地域で入手できる材料で実現するなど、サステナビリティに主眼をおいたプロジェクトです。
こちらの先品のグランプリ受賞理由や他のファイナリストの作品は下記のリンクよりご覧ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/33517055.html

【2021年】

「Portable Solar Distiller」(ヘンリー・グロガウ)
持ち運び可能で高度な技術を必要としない、太陽光を活用した蒸留装置です。太陽光を活用して汚れた水や海水を蒸留するためのソリューションで、高度な技術を必要としないようデザインされている。新鮮な水を提供すると同時に、人々が集い日差しを避けるためのコミュニティ建築の役割も果たします。軽量で多様な構造は、地域の環境や人々のニーズに応じて多様な素材、方法で制作することができます。
こちらの先品のグランプリ受賞理由や他のファイナリストの作品は下記のリンクよりご覧ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/35080016.html