【新設定】新型RX ”F SPORT Performance”とは?

2022年6月1日に発表した新型RXでは、新たなパッケージ「F SPORT Performance」を設定しました。今回は、その詳細についてご紹介します。

前回の記事では、LEXUSとして初となる、新開発ハイブリットシステム「2.4L-T HEV DIRECT4」をご紹介いたしました。

【LEXUS初】運転の楽しさを追求した新HEVシステムとは?
https://kuruma-news.jp/release/lexus_international/car/3752

「RX 500h F SPORT Performance」

その新たなハイブリットシステムに対して新型RXでは、従来のF SPORTパッケージの仕様に加えて、パワートレーンまで強化したパフォーマンスモデルとして「F SPORT Performance」を新たに設定しました。

具体的には、Lexus Driving Signatureの更なる進化のために、フロントブレーキには、対向6ピストンブレーキキャリパーを採用し、リニアでダイレクト感のあるブレーキフィーリングを実現。後輪転舵角を拡大したDynamic Rear Steering(DRS)も新たに採用し、車速に応じて後輪を前輪と逆相/同相に最大4度転舵させます。低速時は、コーナリング時の旋回性や取り回しの良さを実現。高速域では、高い車両安定性を実現しました。

そして、21インチの専用に開発したタイヤを設定することにより、ハンドリング性能をさらに向上させています。

「F SPORT」

F SPORT Performanceに加えて、新型RXでは、F SPORTを設定しました。エクステリアは、ワイド&ローなスタンスを表現し、空力性能にも寄与する専用フロントバンパーや、21インチ専用アルミホイールなどを採用。そして、よりリニアでダイレクトなブレーキフィーリングと減速性能を実現するために、対向6ピストンブレーキキャリパーを標準装備としています。

↓更なる新型RXに関する情報は、こちらからご覧いただけます↓
https://lexus.jp/models/rx/worldpremiere/

↓新型RX「RX 500h F SPORT Performance」走行シーン↓

The New RX - Product Highlight -

13
2
1
3
0
1