LEXUS 2021年PHEV、2022年新しいBEV専用車を導入

LEXUSは、2021年4月末に電動車の全世界累計販売台数200万台を達成しました。

LEXUSは、2005年のRX400h発売以降、ラグジュアリー市場における電動化の先駆者として、電動車ラインナップの拡充を続けてきました。

電動車の普及を更に加速すべく、2021年にLEXUS初となるPHEVを量販モデルに導入し、2022年には全く新しいBEV専用車の導入を計画しています。

そうして、2025年までに10以上のBEV、PHEV、HEVの電動車を含む約20車種の新型や改良モデルを順次導入し、同年には全車種に電動車を設定することで、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指しています。

これまでのCO2排出抑制効果や今後の導入モデル計画など、電動車の詳細については下記のリンクよりご覧ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/35290638.html

画像ギャラリー