自動車メーカーの垣根を超えた、 スペシャルパフォーマンスに込められた想いとは

11月28日、SUPER GT選手権最終戦、エアレース・パイロット室屋義秀選手と共に、トヨタ、ホンダ、日産による、空と陸のスペシャルパフォーマンスが行われました。その当日の模様と共に、今回のパフォーマンスに込められた想いについて、LEXUS NEWSが迫りました。

モータースポーツに関わるすべての人への「感謝」と、未来への「挑戦」に向けて

©三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY

11月28日に行われたスペシャルパフォーマンス、「“Challenge for the future” Yoshi MUROYA × LEXUS Special Flight@ FUJI SPEEDWAY”」。
2021年シーズン最終戦まで迎えることができたことへの「感謝」、そして、2022年のモータースポーツ業界の明るい未来に向けた「挑戦」を伝えるべく実現した今回、パレードランにおいては、Super 耐久シリーズに水素エンジンで挑戦した「ORC ROOKIE カローラH2コンセプト」、今年のSUPER GTにも参戦している「ホンダNSX」、ゼロ・エミッションのEVレーシングカーである「NISSAN NISMO LEAF RC」の3台がコース上を走行しました。

©三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY

カーボンニュートラル社会実現をはじめ、未来への挑戦を象徴する各社のクルマがなぜ走行したのか、その想いについてや、室屋義秀選手がフライトパフォーマンス後に語った想いなど、今回のスペシャルパフォーマンスの舞台裏に、LEXUS NEWSが迫ります。

今回の記事の続きは、下記LEXUS NEWSよりお楽しみください。
https://lexus.jp/magazine/20211129/769/spo_muroya_sgtfinalflight.html

11月28日に行われたスペシャルパフォーマンスは、こちらからご覧いただけます。

画像ギャラリー

  • ©三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY
  • ©三橋仁明 / N-RAK PHOTO AGENCY