Hondaがクルーズ・GMと、日本での自動運転モビリティサービス事業に向けた協業を行うことで基本合意

~年内の国内技術実証開始を目指した開発に向け、クルーズの自動運転車両を日本へ導入~

「クルーズAV」技術実証に用いるGMのBoltをベースとした自動運転車両

 GMクルーズホールディングスLLC(以下、クルーズ)、ゼネラルモーターズ(以下、GM)とHondaは、2018年10月に結んだ資本・業務提携関係に基づき、日本における自動運転モビリティサービス事業に向けた協業を行うことで基本合意しました。

 まずは2021年中に、GMのBoltをベースとしたクルーズの試験車両を活用し、日本での共同開発の一環として、国内での技術実証の開始を目指しています。

 将来的には、クルーズ、GM、Hondaの3社が共同開発している自動運転モビリティサービス事業専用車両である「クルーズ・オリジン」を活用した事業展開を目指しており、その事業運営は、2020年2月に新設したホンダモビリティソリューションズ株式会社が担う予定です。

広報発表:https://www.honda.co.jp/news/2021/c210120.html

画像ギャラリー

  • 「クルーズAV」技術実証に用いるGMのBoltをベースとした自動運転車両