LEXUSと室屋選手が挑む、エアレースへの新たな挑戦

LEXUSと室屋選手は、新たにチームパートナーシップ契約を締結。新生エアレースの初代チャンピオンへの挑戦、そして、よりよい社会に向けた新たな挑戦に挑むことを10月21日、発表いたしました。

2016年から始まった、室屋選手とLEXUSの歩み

2016年、LEXUSは、日本を拠点に世界の舞台で戦うエアレース・パイロット、室屋義秀選手とパーソナルスポンサー契約を締結し、室屋選手の活躍を応援し続けてきました。また、パーソナルスポンサーに限らず、航空機と自動車の新しい技術の可能性を模索する「技術交流会」を発足。室屋選手の機体にLEXUSの感性部分の技術を入れ込んだ「操縦桿グリップ」や、空力解析による「新ターン」を共に開発。そして、航空機に用いられる空力技術をクルマに織り込んだ、「LC」特別仕様車“AVIATION”*1を今年、限定発売いたしました。

*1 限定台数に達したため、現在は受注を終了しております

「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」として、新たな歴史への挑戦

そして今回、これまで共に培ってきた取り組みを更に一段加速させるべく、互いが持つ技術やノウハウをよりスピーディーにレース機の開発に繋げ、レースオペレーションも共に行う、新たなチーム体制「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」を発足。具体的にLEXUSは、テクニカルコーディネーターを新チームへ派遣し、エアレースに必要とされる空力・冷却・人間工学分野での技術開発と実証など、室屋選手を勝利へと導く、強いチーム体制の構築に向けたサポートを行っていきます。
「LEXUS/PATHFINDER AIR RACING」として、室屋選手の「新生エアレース初代世界チャンピオン」という新たな歴史に向けた挑戦に挑んでいきます。

よりよい社会に向けた未来への挑戦

また、エアレースで培われる技術やノウハウを、互いの領域での「よりよい社会をつくる」という未来に向けた挑戦にも挑んでいきます。
LEXUSは、過酷なエアレースを通じて得られる空力・冷却・軽量化の技術やノウハウを活かし、カーボンニュートラル社会の実現に向けた、もっといいクルマづくりを行っていきます。そして、室屋選手はエアレースのみならず、次世代モビリティにつながる人材育成を継続し、福島県と協働する実証フィールド作りを推し進めていきます。

エアレース・パイロット室屋義秀選手

「LEXUSの強力なサポートのもと、新生エアレース初代王者の獲得に向けて邁進していきます。これまで、約5年に渡って一緒に進めてきた取り組みをさらに深化させ、共に挑戦を続けていきます。ファン、チームクルーが一体となって、ワクワクする新たなストーリーが生まれてくると思います。」

Lexus International 佐藤 恒治 President/Chief Branding Officer

「LEXUSは、世界と闘うアスリートである室屋選手と共に、エキサイティングなエアレースに挑戦します。モータースポーツがもたらす感動と笑顔、アスリートから学ぶ感謝の気持ちをエネルギーとして、ブランドホルダーである豊田章男の目指す「モータースポーツを基点としたもっといいクルマづくり」に、新たな視点で取り組んでまいります。挑戦と進化を続ける室屋選手、そして、LEXUSの闘いにぜひご期待下さい。」

当日の記者発表内のクロストークの模様や、室屋選手の個別インタビューなどは、LEUXS NEWS内の記事よりご覧いただけます。

https://lexus.jp/magazine/20211021/748/spo_lex_muroya_kaiken.html

画像ギャラリー