三菱 タウンボックス の新車価格・新型情報・グレード・スペック

三菱 タウンボックス

  • 三菱 タウンボックス
  • 三菱 タウンボックス
  • 三菱 タウンボックス
  • 販売開始年月
    2019年07月 〜 生産中
    新車販売価格
    177.8 〜 199.5万円

三菱 タウンボックス 評価・口コミ

レビュー投稿はまだ存在しません

評価・レビュー・口コミを投稿する

三菱 タウンボックス 最新スペック表

2019年07月〜生産中モデル

グレード名 660 G ハイルーフ 660 G スペシャル ハイルーフ 660 G ハイルーフ 4WD 660 G スペシャル ハイルーフ 4WD 660 G ハイルーフ 660 G スペシャル ハイルーフ 660 G ハイルーフ 4WD 660 G スペシャル ハイルーフ 4WD

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

基本情報 新車価格 177.8万円 186.6万円 190.7万円 199.5万円 149万円 156.1万円 161.1万円 168万円
生産開始年 2019年7月 2019年7月 2019年7月 2019年7月 2015年3月 2015年3月 2015年3月 2015年3月
駆動方式 FR FR 4WD 4WD FR FR 4WD 4WD
ミッション 4AT 4AT 4AT 4AT 4AT 4AT 4AT 4AT
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー
燃費(WLTCモード) -km/L -km/L -km/L -km/L -km/L -km/L -km/L -km/L
総排気量 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc
ドア数 5枚 5枚 5枚 5枚 5枚 5枚 5枚 5枚
乗車定員 4名 4名 4名 4名 4名 4名 4名 4名
シート列数 2 2 2 2 2 2 2 2
ハンドル位置
寸法・重量・タイヤ 全長 3,400mm 3,400mm 3,400mm 3,400mm 3,400mm 3,400mm 3,400mm 3,400mm
全幅 1,480mm 1,480mm 1,480mm 1,480mm 1,480mm 1,480mm 1,480mm 1,480mm
全高 1,910mm 1,910mm 1,910mm 1,910mm 1,910mm 1,910mm 1,910mm 1,910mm
最小回転半径 4.5m 4.5m 4.5m 4.5m 4.5m 4.5m 4.5m 4.5m
車両重量 950kg 970kg 990kg 1,010kg 950kg 970kg 990kg 1,010kg
前輪サイズ 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14
後輪サイズ 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14 165/60R14
エンジン 最高出力 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps 64ps
最大トルク 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000 95(9.7)/3000
過給器 ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ ターボ

比較リストをみる▶

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

比較リストへ追加

三菱 タウンボックス 世代一覧

三菱 タウンボックス 世代一覧

三菱 タウンボックス 2015年世代のスペックを見る 2015年03月〜2019年07月生産
三菱 タウンボックス 2014年世代のスペックを見る 2014年02月〜2014年04月生産
三菱 タウンボックス 1999年世代のスペックを見る 1999年04月〜2010年08月生産

三菱 タウンボックス 2015年世代のマイナーチェンジ一覧

2019年07月〜生産中モデル

2015年03月〜2019年06月生産モデル

  • 三菱 タウンボックス解説

    三菱 タウンボックス解説

    三菱自動車は「タウンボックス」をフルモデルチェンジし、2015年3月20日に販売を開始しました。今回のフルモデルチェンジでは、クラストップの室内長、室内幅、室内高を実現し、日常からレジャーシーンまで幅広く対応する広さを確保するとともに便利機能を充実させました。

    フロントシートにベンチシートを採用したほか、シートスライド量を運転席で65mm、助手席で60mm拡長したことにより、前席での運転席・助手席間の移動や助手席からの乗り降りなど利便性を向上。また、ホイールベースの拡大とリヤシートスライド量の拡長により、前後乗員間距離はクラストップの1,080mmを実現し、後席足元はさらにゆとりをもたせるなど居住性を向上させました。

    また、全車に新型ターボエンジンを搭載し、高速走行・長距離移動でもたのもしく力強い走りと16.2km/L(JC08モード)のクラストップの低燃費を両立。吸気可変バルブタイミング機構、電子制御スロットルなどを採用し、燃焼効率を高めたDOHCインタークーラー付ターボチャージャーエンジンを搭載。車体の軽量化と合わせ、より力強い走りを実現するとともに、JC08モード燃料消費率でクラストップの低燃費6.2km/L(2WD車)を達成しました。

    さらに、新たに先進予防安全技術「e-Assist」を搭載。低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)および誤発進抑制機能により衝突の危険を察知してドライバーに知らせるとともに、被害を回避、軽減できるようにサポートします。

三菱 タウンボックス 関連車種

三菱 タウンボックスの中古車

三菱 販売中車種一覧

三菱 販売中車種一覧

メーカーから新車を探す

メーカーから新車を探す

タイプから新車を探す

タイプから新車を探す