記録から振り返るHonda F1 2020年シーズン

‐2004年以来のコンストラクターのランキング2位
‐Hondaとして1991年以来最多の表彰台登壇回数を記録

世界中に影響を与えた新型コロナウイルス感染拡大により、F1カレンダーも大幅な見直しを強いられ、7月から23週で17戦を開催する過密スケジュールのシーズンとなった2020年。Honda F1としては、Aston Martin Red Bull Racingが2勝、Scuderia AlphaTauri Hondaが1勝の計3勝を挙げ、これらを含む14回の表彰台登壇を果たしました。

Red Bull Racingはマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン、Scuderia AlphaTauriがピエール・ガスリーとダニール・クビアトというドライバーラインアップで臨み、トップ5フィニッシュはのべ20回、ポイント獲得は41回を記録。

また、この過密日程の中でもHondaのF1パワーユニット「RA620H」を使用する4名のドライバーは、一度もPU関連ペナルティーを受けることなくシーズンを終了。これはF1に参戦する4つのPUマニュファクチャラーの中で唯一です。

その他リザルト、またHonda F1テクニカルディレクターの田辺豊治が語る振り返りや来期に向けたコメントなど、続きはHonda F1サイトをご覧ください。
https://ja.hondaracingf1.com/insights/Remind-2020Season-of-Honda-F1.html

画像ギャラリー