角田裕毅選手がF1 2021年シーズンにレギュラードライバーとして参戦

Hondaのドライバー育成プログラム出身の角田裕毅選手が、2021年のFIA※フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)に、Scuderia AlphaTauri Honda(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ 以下、AlphaTauri)のレギュラードライバーとして参戦することが決定しました。来シーズンは、Hondaのハイブリッドパワーユニットを搭載したマシンとともに、世界最高峰の舞台に挑むことになります。

 角田選手は、Red Bullのドライバー育成プログラムであるレッドブル・ジュニアチームにも所属し、今年からF1の下位カテゴリーであるFIA Formula 2 Championship(以下、F2)にCarlin(カーリン)から参戦。ルーキーイヤーにもかかわらず今年は3勝を挙げ、表彰台登壇計7回およびポールポジション4回を獲得。シーズンランキング3位となり、F1ドライバーとなるために必要なスーパーライセンスの獲得要件を満たしました。

 なお、日本人がF1にレギュラードライバーとして出場するのは、2014年シーズンまで参戦していた小林可夢偉選手以来7年ぶり、Hondaのドライバー育成プログラム出身者としては2002から2008年まで参戦していた佐藤琢磨選手以来13年ぶりとなります。

※ Fédération Internationale de l'Automobile(国際⾃動⾞連盟)の略称

角田選手のコメントは、広報発表(https://www.honda.co.jp/news/2020/c201216.html)をご覧ください。

《関連》
角田裕毅選手がF1ヤングドライバーテストに参加
https://ja.hondaracingf1.com/insights/2020_young_driver_test.html

画像ギャラリー