ペレスが今季初優勝を果たし、ガスリーが3位表彰台を獲得。Hondaパワーユニットは1992年以来の連勝を果たしてポイントリーダーの座を堅持

アゼルバイジャンGPの決勝は、さまざまなドラマの巻き起こる波乱の展開になりました。それでも、Red Bull Racing Hondaのセルジオ・ペレスが今季初優勝を果たし、Scuderia AlphaTauri Hondaのピエール・ガスリーが3位表彰台を獲得。Hondaパワーユニットはダブル表彰台に加え、モナコGPに続き1992年以来の連勝を果たしました。

Honda.Racing発表:https://honda.racing/ja/f1/post/race-azerbaijan

スターティンググリッドではマックス・フェルスタッペンが3番手、ガスリーが4番手と2列目につけ、ペレスが6番手、角田裕毅が7番手と、全車が上位からレースを開始したHondaパワーユニット勢。オープニングラップではフェルスタッペンが3番手を堅持し、ペレスは2つポジションを上げて4番手となります。前方のシャルル・ルクレールを、2周目にフェルスタッペンが、3周目にペレスがオーバーテイクし、Red Bull Racingは2-3番手でレースを進めます。

Scuderia AlphaTauri勢は、ガスリーがペレスに交わされて5番手、角田は1つポジションを下げますが、すぐさまフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)をオーバーテイクして順位を戻します。角田は、Hondaパワーユニット勢の中で最初となる9周目にピットイン。その2周後にガスリーがピットへ入り、両者ともハードタイヤへ履き替えました。

Red Bull Racingは、フェルスタッペンが12周目にピットイン。これで首位を走行していたルイス・ハミルトン(メルセデス)の前に出て、リードを広げます。ここからペレスがペースを上げて、ファステストラップを連発しながらピットへ。タイヤ交換にやや時間がかかったものの、ハミルトンの前でコースへ戻り、Red Bull Racingが1-2体制を築きます。

30周目に、ランス・ストロール(アストンマーティン)の左リアタイヤが、高速区間でバーストしてクラッシュ。セーフティカーが出動します。このリスタートでも、フェルスタッペンとペレスは1-2の位置をキープ。ガスリーはより新しいタイヤを履いていたセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)にパスを許して5番手となります。

レースが残り5周に差し掛かったとき、首位を快走していたフェルスタッペンの左リアタイヤが突如パンク。時速320㎞以上に及ぶメインストレートでスピンを喫します。幸いにもフェルスタッペンにケガはなかったものの、コース上に散らばった破片やタイヤの状況を考慮して、レースは赤旗中断となります。

中断の間に全ドライバーがタイヤ交換を完了し、全車がソフトタイヤを装着。レースは、残り2周からスタンディングスタートで再開され、ポールポジションにペレス、ガスリーと角田は4番手と7番手からのリスタートとなりました。2番手のハミルトンはペレスをオーバーテイクすべく、ターン1で並びかけてきますが、そのまま止まりきれずにコースアウト。これによってリードを確保したペレスは、Red Bull Racing Honda加入後初めての勝利を手にしました。

一方のガスリーはリスタート時のターン1で、3番手に浮上。しかし、後方のルクレールと激しいバトルとなり、ファイナルラップ突入直前のストレートで一度は前に出られるも、スリップストリームに入って再び抜き返し、3位でチェッカーフラッグを受けました。角田はリスタートでのバトルを経て7位でフィニッシュ。自己最高順位を更新しました。

Hondaとしては、この勝利が通算81勝目。モナコGPに続く勝利で、1992年のモナコGP・カナダGP以来の連勝となりました。また、Hondaパワーユニットのダブル表彰台は、2020年のバーレーンGP以来。異なる2チームが同時に表彰台へ登壇するのは、2019年のブラジルGP以来です。

この結果、Red Bull Racing Hondaはコンストラクターズチャンピオンシップでのリードを26ポイント差に拡大。Scuderia AlphaTauri Hondaも、アストンマーティンを抜き、ランキング5位へと浮上しました。

次戦は、6月20日(日)決勝のフランスGP。その翌週からはオーストリアでの2連戦と、ここから3週連続の戦いとなります。

画像ギャラリー