HondaJet ロシアでの型式証明を取得、新ハンガーの稼働が開始

Hondaの航空機事業子会社であるホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company 以下、HACI)は、小型ビジネスジェット機「HondaJet」のロシアにおける型式証明を取得しロシアでの初号機の運用が開始されたこと、および本社敷地内の新ハンガーの建設が完了し稼働を開始したことを発表しました。

ロシアの型式証明を取得

ロシアに到着したHondaJet

 HACIは、ロシア民間航空局(Federal Air Transport Agency 以下、FATA)からHondaJetの型式証明を取得しました。型式証明は、ロシアにおける管轄官庁であるFATAが定める強度、性能、安全性、機能および信頼性などに関する厳格な基準をHondaJetが満たしていることを証明するものです。ロシアでの型式証明取得は、米国、欧州、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、パナマ、インド、日本、カナダ、トルコ、中国、パキスタンに続いて13番目となりました。また、今月からロシアでの初号機の運用を開始しました。

新ハンガーの稼働が開始

新ハンガー外観・内観

 1月4日、新ハンガー※1の建設が完了し、稼働を開始しました。新ハンガーは、HondaJet Eliteの主翼の組み立てと各種スペアパーツなどの格納を目的として、米国ノースカロライナ州 グリーンズボロ市のピードモント トライアド国際空港に隣接する本社敷地内に建設されました。新ハンガーの延床面積は、約7,720平方メートル、投資額は2,430万ドル(約25億円※2)です。2019年7月末に現地で鍬入れ式を行い、昨年9月に建設が完了しました。

※1 正式名称:Service Parts/Wing Assembly Hangar
※2 1USドル=約104円換算


広報発表:https://www.honda.co.jp/news/2021/c210126.html

画像ギャラリー

  • ロシアに到着したHondaJet
  • 新ハンガー外観・内観