波乱の展開となった2024年のニュル24時間

 2024年5月30日から6月2日にかけて、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで「第52回ニュルブルクリンク24時間レース(以下、ニュル24時間)」が開催されました。
 
 STI(スバルテクニカインターナショナル)は「SUBARU WRX NBR CHALLENGE 2024」で参戦し、「SP4Tクラス」での初優勝を飾っています。

ニュルブルクリンク24時間レース

 スバルのモータースポーツ部門であるSTIは、国内ではスーパーGTに参戦するほか、全日本ラリーでは参戦者のサポートを行っています。そしてSTI独自プログラムとしてニュル24時間に参戦しています。

 15回目の参戦となる2024年は、「WRX S4」をベースに開発された「SUBARU WRX NBR CHALLENGE 2024」を投入。量産車と同じく2.4リッター水平対向ターボエンジン(FA24型)を搭載したほか、シンメトリカルAWDも採用しました。

 レースの世界でAWDはパワーロスなどもあって敬遠されがちですが、AWDはスバルのアイデンティティということもあり、レースでも速いことを証明するために採用したといいます。

 今回のレースでも、1周25kmという長いコースではところどころで雨が降るという状況でしたが、AWDを活かして安定した走りを見せていました。

 2024年の参戦のために開発されたマシンは、2023年に作り上げた「SUBARU WRX NBR CHALLENGE 2023」をベースに、昨年不具合が出た箇所を改善したうえで、新たなパーツとして「STIフレキシブル・パフォーマンス・ホイール」を装着しました。

 このホイールは「東京オートサロン2024」で発表された「WRX S4 STIスポーツ
#」(特別仕様車)に採用されたのと同形状のもの。

 サイズこそ違いますが、この特別仕様車向けに開発を行っていたホイールをレーシングカーに履かせてみたところ、「良い結果が出た」ということで参戦マシンにも採用したというわけです。

 本番の24時間レースは、カルロ・ヴァン・ダム選手/ティム・シュリック選手/佐々木孝太選手/久保凜太郎選手の4名のドライバーで戦います。

 6月1日16時にスタート。ホームストレートは晴れていましたが、山岳コースでは場所により雨が降っている状況でした。

 STIチームはフォーメーションラップでピットに戻りレインタイヤに交換してレース復帰しますが、数周後にスリックタイヤに交換するという難しい判断が求められました。

 その後は、23時20分ごろに濃霧のため赤旗レース中断となり、競技長からの公式通知で「次の情報は翌朝7時に状況判断を行う」ということで、約7時間半のレース中断が決定。

 翌朝7時に状況判断が行われたものの濃霧は一向に晴れる気配がなく、13時30分に5周のフォーメーションラップを行うことに。そしてフォーメーションラップで5周回った時点でチェッカーが振られ、レースが終了しました。

 SUBARU WRX NBR CHALLENGE 2024は周回数44周、総合順位51位、SP4Tクラス1位というのが今回の結果となりました。

WRX S4
WRX S4試乗予約はこちら
NEXT PAGE全国のディーラーから選抜されたメカニックが参加!
PHOTO GALLERY【画像】カッコいい! これが最強「WRX」です! 画像を見る(40枚)

LINEUPラインナップ

SUBARUのホームぺージでくわしく見る