6代目インプレッサの米国仕様をお披露目

 スバルは2022年11月17日(現地時間)、米国・ロサンゼルスオートショー2022において、新型「インプレッサ」(米国仕様車)を世界初公開しました。

 およそ7年ぶりのフルモデルチェンジとなります。

6代目となるスバル新型「インプレッサ」(米国仕様)

 インプレッサは、クラスを超えた高い安全性能と動的質感を兼ね備えたスバルラインナップのスタンダードモデルです。

 今回、初公開された6代目の新型インプレッサは、優れた運動性能や安心できる先進安全装備、とことん使えるユーティリティなど、その機能や実用性をさらに高め、乗る人すべてをアクティブな行動へと後押しするモデルに刷新されます。

 新型インプレッサの外観デザインは、引き締まったスピード感のある鋭いシェイプと、大地を駆けだす力強さを感じさせる張り出したフェンダーが躍動感とスポーティさを演出。クルマを操る愉しさを際立たせました。

 内装には、ドライビングとアクティビティの時間を自然体で過ごせる使い勝手の良いカジュアルなインテリアを採用。

 各種機能を集約した大型のセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置した、スバル共通の最新インターフェイスを搭載し、実用性と利便性を高めています。

 エアコンは、ドライバーシートのみ、フロントシートのみ、全席、といったように、各席でのコントロールが可能な集中送風モードを新設定し、快適性と燃費向上に貢献。

 一部グレードでは、スバルのコネクティッドカーサービス「STARLINK」対応の11.6インチマルチインフォメーションディスプレイを装備し、Apple CarPlayおよびAndroid Autoのワイヤレス接続に対応します。

 また、STARLINKの追加サービスとして、スマートフォンアプリでのリモートロック/アンロック機能、リモートクラクション・ライト機能、リモート車両位置確認機能が利用可能です。

 新型インプレッサの北米仕様では、1998年に発売され、同市場における「WRX」の先駆車となった「2.5 RS」を想起させるグレードとして「RS」グレードが設定されます。

 高出力の2.5リッター水平対向エンジンを搭載し、8段階マニュアルモードとパドルシフトを装備。

「RS」オーナメントをフロントドアやバックドアにあしらい、18インチアルミホイールやブラック塗装のフロントグリル、サイドスポイラー、ドアミラーなどを採用した専用エクステリアや、カーボン調インナートリム、シートへのレッドカラーの差し色、高質感あふれる革を使用したステアリングホイールとシフトノブをあしらった専用インテリアを装備しました。

NEXT PAGE2リッター/2.5リッター水平対向エンジンを設定
PHOTO GALLERY新型インプレッサ世界初公開! 過激なスポーツ仕様「RS」登場! 内外装の写真を見る(44枚)
インプレッサ
インプレッサ 試乗予約はこちら

LINEUPラインナップ

SUBARUのホームぺージでくわしく見る