クロストレックで雪道を走ってみた!

 スバルの「安心と愉しさ」はどこから感じられるのか、それを知るにはリアルワールドはもちろんですが、とくに日常よりもちょっと過酷なシーンで走らせるのが一番です。
 
 そこで今回はクロスオーバーSUVシリーズの末っ子「クロストレック」で青森の様々な道を走ってきました。

スバルのコンパクトSUV「クロストレック」

 といっても、暖冬の影響もあって雪はまばらで、場所によっては舗装路面が顔を出す箇所も。ただ、時々刻々と変わるコンディションのほうが、クルマの素性はわかりやすいので好都合です。

 クロストレックについて少しだけおさらいを。現行モデルは2022年に登場。従来は「XV」と呼ばれていましたが、世代交代に合わせて世界統一ネームに変更されました。

 クロストレックとは「クロスオーバー」と「トレッキング」の造語で、「アーバンからアウトドアまでどこにでも行け、トレッキングのようにカジュアルにアクティビティを楽しんでほしい」という想いが込められています。

 ボディサイズは、扱いやすい全長4480mm×全幅1800mm×全高1580mm(ルーフレール無は1550mm)ながらも、スバルのSUVシリーズのなかで最もダイナミックかつスマートなスタイルで、個性的だけど目立ち過ぎない絶妙なバランスが嬉しいところです。

 インテリアは大型センターインフォメーションディスプレイを中央に配した新世代スバル共通のインターフェイス。もう少しアソビ心があってもいいかなとも感じられるのですが、機能性は非常に高いといえます。

 後方に向けて絞り込んだキャビン、低いルーフラインなどで後席の居住性やラゲッジスペースが犠牲になっているように思われがちですが、パッケージの工夫で先代同等のスペースを確保。

 今回は、大人3人の荷物+雪道のレスキューセットを積んだコンテナ(約20L)を楽々収納することができました。

 パワートレインは2リッター自然吸気エンジン(145馬力/188Nm)+1モーター(10馬力/65Nm)の「e-BOXER」。

 ハードは先代と変わっていませんが制御を刷新(第3世代)しており、モーターをより積極的に活用にする味付けで、アクセル開度が少なめかつ3000rpmくらいまでの過渡領域では確実に力強さは増しています。

 ただ、ハイブリッド車にも関わらず燃費はそこそこ。もう少し頑張ってほしい所でしょう。

 シャシ系はフルインナーフレーム構造のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)に加えて、2ピニオン式の電動パワーステアリングなど、上級モデルと同じアイテムを惜しみなく投入。

 タイヤは、標準装着はオールシーズンタイヤですが、今回はスタッドレスタイヤ(ヨコハマ・アイスガードG075)を装着しました。

クロストレック
クロストレック試乗予約はこちら
NEXT PAGE視界の良さが「安心と愉しさ」につながるわけとは?
PHOTO GALLERY【画像】めちゃカッコいい! これが最新「スバルSUV」です! 画像を見る(38枚)

LINEUPラインナップ

SUBARUのホームぺージでくわしく見る