安全性が高い「インプレッサ&クロストレック」

 スバルは2024年5月28日、国土交通省とNASVA(自動車事故対策機構)が実施した、自動車の安全性能を比較評価する自動車アセスメント(JNCAP)において、「インプレッサ」「クロストレック」が2023年度の衝突安全性能と予防安全性能の総合評価で最高得点を獲得し、「自動車安全性能2023ファイブスター大賞」を受賞したことを発表しました。

安全なクルマとして評価されるスバル「インプレッサ」

 インプレッサは、クラスを超えた高い安全性能と動的質感を兼ね備えたスタンダードモデル、クロストレックは、本格的なSUV性能と高い安全性能を備えたクロスオーバーSUVとして、両車とも多くのユーザーに選ばれています。

 今回大賞を受賞したインプレッサ・クロストレックは、「衝突安全性能」ではスバルグローバルプラットフォーム×フルインナーフレーム構造を採用し、衝突エネルギー吸収率を一段と向上させるとともに、衝突相手の被害軽減を実現する車体構造を採用。また8つの乗員保護エアバッグに加え、歩行者保護エアバッグを全車標準装備しています。

「予防安全性能」では、ステレオカメラに加え広角単眼カメラを採用し、プリクラッシュブレーキの対応範囲を拡大。

 さらに、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現した新世代アイサイトや、ソフトウェアの進化、電動ブレーキブースターの採用なども合わせ、交差点の右左折時や見通しの悪い場所での出会い頭など、より幅広いシーンで衝突回避のサポートを行います。

 また、万が一交通事故やトラブルが発生した際に、確かな安心でサポートするコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」により24時間365日、クルマとつながることで、さらなる安心を提供します。

スバル
スバル試乗予約はこちら
PHOTO GALLERY【画像】カッコいい! これがスバルの最新「快速ハッチバック」です! 画像を見る(27枚)

LINEUPラインナップ

SUBARUのホームぺージでくわしく見る