「SUBARU×KINTO」はじまる!

 2024年5月16日にスバルとKINTOは業務提携契約を締結し、新車サブスクリプションサービス「SUBARU×KINTO」を同日から開始することを発表しました。
 
 スバル車の買い方に選択肢が増えるようです。

「SUBARU×KINTO」はじまる!

「SUBARU×KINTO」は、新しいクルマを手に入れて維持する費用を、自分の使い方にあったプランから選びたいといったニーズに対応するもので、KINTOの新車サブスクリプションサービスのプラットフォームを活用した新しいサービスです。

 契約プランは、契約期間が3年/5年/7年から選択可能。

 まとまった費用を最初に必要としない「初期費用フリープラン」と、所定の申込金を支払うことで中途解約にかかる解約金をゼロにする「解約金フリープラン」の2つを用意しています。

 いずれのプランも、任意保険の支払いや自動車税、登録諸費用、車両の定期メンテナンス、車検などがパッケージ化された月々定額サービスです。

 なお走行距離の制限はないようですが、返却車両の走行距離が規定の月間走行距離(1500km)×利用月数の値を超えると、超過分に応じた超過料金が発生するとしています。

 また、全国にあるスバル販売店に加えて、KINTOのWebサイトからも申し込みを可能に。

 これにより気軽に利用でき、さらにスバル販売店で安心のメンテナンスを受けることができると言います。

 なお今回、「SUBARU×KINTO」の対象となるのは以下の8車種です。

 ・レガシィ アウトバック
 ・レヴォーグ
 ・レヴォーグ レイバック
 ・WRX S4
 ・フォレスター
 ・クロストレック
 ・インプレッサ
 ・BRZ

※ ※ ※

 例えば、支払プラン例として「インプレッサ ST(FWD・リニアトロニック)」を初期費用フリープラン(7年)で検討した場合は月額2万8380円(ボーナス加算込み)からとなっています。

スバル
スバル試乗予約はこちら
PHOTO GALLERY【画像】「えっ…!」カッコいい! これが最上級の「フォレスターSTI」です! 画像を見る(33枚)

LINEUPラインナップ

SUBARUのホームぺージでくわしく見る