使いやすさに注力した「気軽な相棒」

 2022年9月15日、スバルのクロスオーバーSUVシリーズの末っ子となる「XV」が「クロストレック」に改名し、新型モデルが世界初公開されました。

 新型クロストレックの開発をとりまとめたPGM(プロジェクト・ゼネラル・マネージャー)の毛塚紹一郎氏に、このクルマに込めた「想い」やアピールポイントなどについて話を聞きました。

「XV」の後継車として世界初公開されたスバル新型「クロストレック」

――従来モデルのXVは「レガシィ アウトバック」や「フォレスター」と並ぶ販売台数も記録するなど、スバルの重要な基幹モデルに成長しました。

 当然、新型に対する期待値は高いと思いますが、やはり気になるのは車名変更です。なぜ今回、車名をクロストレックに統一したのでしょうか。

毛塚:これまでクロストレックはXVの北米仕様のネーミングでしたが、新型はグローバル展開するモデルということでクロストレックに統一しました。

 ちなみにクロストレックは「クロスオーバー」と「トレッキング」の造語で、「アーバンからアウトドアまでどこにでも行け、トレッキングのようにカジュアルにアクティビティを楽しんでほしい」という想いが込められています。

――ただ、スバルのいうトレッキングは、他メーカーのそれよりも圧倒的にレベルが高いところにあると思いますが。

毛塚:実力としてはそうですが、お客さまはライトなシーンで使う人がほとんどです。ライバルよりも走破性は間違いなく高く、それを「安心、安全、安定」な走りに活かすことが、このクルマの役目です。

――そういえば、XVは「インプレッサ」の派生モデルでしたが、新型クロストレックの立ち位置はどうなりますか。

毛塚:XVの後継モデルであることは間違いありませんが、スタートラインが違います。これまでのXVは「インプレッサをベースに」でしたが、クロストレックは最初から「クロストレックを作る」でした。

――「インプレッサありきのXV」から「クロストレック最適設計」になったということでしょうか。

毛塚:そうです。ただ、インプレッサも並行して開発しているのは事実です。

――エクステリアはSUVシリーズと「レヴォーグ」「WRX S4」の良いところが上手にバランスをとって反映されているように感じました。

毛塚:販売店から「ユーザーはこのクルマに『楽しさ』を期待している」という声も多かったので、そこは強く意識しました。

 ちなみにデザインは“最初にやりすぎてから戻す”というようなイメージで進めています。ある意味、引き算のデザインです。

――ルーフ後端を下げ、リア周りを絞るなど、かなりスポーティなイメージです。居住性や積載性などへの影響はありますか。

毛塚:ルーフラインは人が座る部分の後ろから下げているので、居住性は不変です。ラゲッジスペースは、数値的には下がっていますが、実用上は同等レベルになっています。

――インテリアはインパネセンターに最新スバルのトレンド「縦型ディスプレイ」を採用するも、それ以外はオーソドックスです。

毛塚:「気軽な相棒」というイメージで、とにかく使いやすさにこだわっていて、カップホルダー、USB電源、スマホの置き場所などは色々な議論をしました。

 弊社のクルマはチョイ乗りよりもロングで走る人が多いので、ストレスなく使えることが大事です。

――タンデムのカップホルダーは最近登場したクルマのなかでは最高の出来だと思います。

毛塚:ありがとうございます。カップホルダーは社内でトップアイテムの扱いですので。

NEXT PAGE将来的にトヨタのハイブリッドシステムを搭載!?
PHOTO GALLERYワイルド顔がカッコいい! スバル新型「クロストレック」世界初公開!(45枚)