レースに必要なアイテムの数々を装備

 スバルは、新型「BRZ」をベースとした「Cup Car Basic(カップカーベーシック)」を、2022年2月8日に発表しました。

 新型BRZ カップカーベーシックは、2022年より開催予定のワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」参戦用車両として開発。

 スバルが企画・販売し、同社のモータースポーツ統括会社であるSTI(スバルテクニカインターナショナル)が専用装備を架装します。

 ロールケージ(6点式+サイドバー付き)や6点式シートベルト用アイボルト(運転席のみ)を装備。シートサイド&カーテンシールドエアバックは取り外しています。

 さらに、空冷式のエンジンオイルクーラーやリヤデフ冷却フィン(フィン付きデフキャリア)を専用に装備し、レース参戦向けベース車両として各種装備の仕様を最適な設定したほか、通常走行時に必要なフロアマット(ロールケージ専用)が備わりました。

 新型BRZ カップカーベーシックは6速MT仕様のみの設定で、価格(消費税込)は333万8500円。年間30台の販売を計画しています。

 なお、架装車両のため持ち込み登録となります。

SUBARU BRZ
SUBARU BRZ試乗予約はこちら
PHOTO GALLERYガチ仕様が出た! 鉄チンホイールが激シブなスバル新型「BRZ カップカーベーシック」(11枚)

LINEUPラインナップ

SUBARUのホームぺージでくわしく見る