「レヴォーグ」の走りを高める「ダンパープログラム」のアップデートを提供

 スバルは2023年1月13日、「レヴォーグ」の一部グレードを対象とした電子制御ダンパー制御プログラムのアップデートサービス「SUBARU Active Damper e-Tune」を発表しました。
 

スバル「レヴォーグ」の走りをアップデートするサービス開始

 今回スバルが発表した「SUBARU Active Damper e-Tune」は、2020年発売の2代目レヴォーグに設定されている、電子制御ダンパーのプログラムをアップデートするものだとしています。

 2代目レヴォーグのスポーツグレード「STI Sport」「STI Sport EX」「STI Sport R」「STI Sport R EX」では、スイッチ操作で走行特性の切り替えが可能な「ドライブモードセレクト」機能を装備。電子制御ダンパーの減衰力やエンジンの出力特性、ステアリング制御、アクセル応答性などを5つのモードから選択することが可能です。

 SUBARU Active Damper e-Tuneにより、ダンパーの制御プログラムをアップデートすることで、「Confort」ではさらにゆったりとした乗り心地になり、「Sport+」では操縦安定性を高めたスポーティな走りを実現するとうたっています。

 SUBARU Active Damper e-Tuneは2023年春の発売を見込んでおり、価格は4万円(工賃込/税抜)で販売店装着オプションとして用意される予定です。

PHOTO GALLERYハイパワーな2.4Lエンジン搭載! スポーティなスバル「レヴォーグ STI Sport R EX」(25枚)