スポーツモデルからSUVまで多彩な車両を出展

 スバルと同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は2022年12月26日、東京オートサロン2023(2023年1月13日から15日/幕張メッセ)の出展概要を発表しました。

スバル「レヴォーグ STIスポーツ#」(プロトタイプ)

 スバル/STI ブースでは、日本仕様の新型「インプレッサ」(プロトタイプ)を初公開。開発中のSTIパーツを装着し、よりスポーティなカスタマイズが施されています。

 さらに、2.4リッターターボエンジンを搭載する「レヴォーグ STIスポーツR EX」をベースに、操縦安定性の向上とより上質な乗り味を実現したSTIコンプリートカー「レヴォーグ STIスポーツ#(シャープ)」のプロトタイプを展示します。なお、このコンプリートカーは台数限定で販売される予定だといいます。

 ほかにも、アクティブライフへの冒険心をかき立てる仕掛けをちりばめた「BOOST GEAR」のコンセプトカーとして、新型「クロストレック」と新型「レックス」を出展。

 モータースポーツ参戦車では、「BRZ GT300 2022」「WRX NBR CHALLENGE 2023」「WRX RALLY CHALLENGE 2023」が展示されます。

PHOTO GALLERY「レヴォーグ」のSTIコンプリートカーが出る! 新型「インプレッサ」を日本初公開!(24枚)