VAGUE(ヴァーグ)

【オープンエアを楽しむジープ3選】窓なしドアなしの本格オフローダーの「グラディエーター/ラングラー」の仕様とは

「グラディエーター」を開放感溢れる仕様にして遊べ!

 第56回「Easter Jeep Safar(イースター・ジープ・サファリ)」が2022年4月9日から17日、米国ユタ州のモアブ国立公園で開催された。そこで発表されたジープのコンセプトカーのなかでも、今回は遊び心に溢れた3台を紹介したい。

「グラディエーター・ルビコン」をベースに遊び心を加えた「ジープ・ボブ・コンセプト」
「グラディエーター・ルビコン」をベースに遊び心を加えた「ジープ・ボブ・コンセプト」

●Jeep Bob Concept

 まずは「Jeep Bob Concept(ジープ・ボブ・コンセプト)」を紹介しよう。

 これはピックアップトラックの長い荷台のオーバーハングを「ボビング」することで、究極の地形攻略車とするというトレンドに遊び心を加えたものだ。

 ジープ「グラディエーター・ルビコン」をベースとしたこのトラックは、4枚のドアとBピラーをレス化することで、究極のオープンエアを実現している。さらに、ハードトップには穴が開けられ、その上にキャンバス地を張ることで、風雨を防ぎつつ自然光が取りこめるようになっている。

 オフロード性能は、3インチのリフトアップとKing CoilとBypassショックを組み合わせたダイナミック・プロロック60インチアクスル、そして20インチサイズのビードロックホイールに装着された40インチタイヤで強化されている。

 外装はグロス仕上げとマット仕上げを組み合わせることで、質感と華やかさをアップ。搭載されているエンジンは3.0リッターV6のエコディーゼルターボ。トランスミッションは8速ATだ。

装備されたJPPとモパーのアクセサリーにはQRコードが付されていて、製品情報をすぐに確認できるようになっている
装備されたJPPとモパーのアクセサリーにはQRコードが付されていて、製品情報をすぐに確認できるようになっている

●Jeep D-Coder Concept by JPP

 グロスブラックのボディが印象的な「Jeep D-Coder Concept by JPP(ジープDコーダー・コンセプトby JPP)」は、35か所以上のJPPとモパーのアクセサリーを装備している。それらのアイテムはマラスキーノ・レッドで塗装されていて、それぞれQRコードでラベリングされている。

 このQRコードを読み取ると、モパーのウェブサイトにアクセスでき、パーツナンバーや仕様、価格などの情報を確認できる仕掛けだ。また、ベッドサイドとボンネットのQRコードは、JPPのカタログとリンクされているといった具合だ。

 ウィンチはWarn社製で、その上には7インチのTYRI製LEDオフロードライトを装備。サスペンションはJPPの2インチリフトアップキットとFOX社製ショックアブソーバーで構成されていて、タイヤはBFグッドリッチのKM3の37インチ。ホイールは17×8.5JのJPP製を採用している。

 助手席側に見えるのは、JPP製のシュノーケルだ。ウインドウにはJPPゴリラガラスシールドが使われている。ベッド部に装備されているのは、スーリーのロープロファイル・カーゴバスケットだ。

Next真のオープンエアを求める本格派には、フロントウインドウも必要なし
Gallery【画像】オープンエアで楽しむ遊び心満載のジープを見る(11枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND