ジープ「レネゲード 4xe」は、オン・オフどちらもいける賢い選択〈PR〉

オフロード・ブランドとして歴史あるジープブランドのPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが日本上陸! エントリーモデルである「レネゲード」に新たに加わった「レネゲード 4xe」に、モータージャーナリスト嶋田智之氏が市街地で試乗し、その将来性について語る。

ジープこそ電動化とのマッチングがよいブランドはない

 ジープの電動化──。その意味合いって結構大きいんじゃないか? と僕は前から思っていた。考えれば考えるほど、モーターとバッテリーを利用して走るクルマとブランドとの親和性は、高いように思えるのだ。

●アウトドアだからこそ、電動モデルがふさわしい

街乗りからハードなオフロードまで、走るステージを選ばないジープ「レネゲード 4xe」の車両価格(消費税込)は、「リミテッド」が498万円、「トレイルホーク」が503万円

 だって、そうだろう?

「どこにでも行ける」乗り物としてジープを選ぶ人の圧倒多数が、美しく心地好い大自然というものを愛しているはず。地球の自然環境を大切にしたいという気持ちだって強いことだろう。可能な限り空気も汚さないようにしたいし、静けさも極力侵さないようにしたい。

 スムーズな路面の上でももちろんだけど、特にラフロードに分け入ったときには、瞬間的な大トルクが必要な場面だって少なくない。それが可能になる駆動システムであり、なおかつそれは内燃機関のみを動力源とするモノより電子制御との相性がいいのだから、悪路における走破性の大幅な向上だって期待できる。

 高電圧のバッテリーは外部電源として使うことだって可能なわけだから、海辺だとか河原だとか野原だとか荒れ地だとかに滞在するとき、様々な電気機器を利用することだってできる。

 BEV(完全な電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド)、HEV(ハイブリッド)、さらにはFCV(燃料電池)といった電動車の持つメリットは、ジープの持つ可能性をさらに大きなものにしてくれるのだ。その点を見逃したらいけないんじゃないか? そんなふうに、僕は思っていた。

 そしてジープの電動モデルの第1弾、「レネゲード」のPHEVモデルが上陸し、試乗することができた。

■レネゲード 4xeについて、さらに詳細な情報へ

●レネゲード 4xeのシステムはどうなっている?

モーターのトルクが250Nmもあるので、街中での走行ではそれでも全く不足はない

 いきなり結論めいたことに触れてしまうけど、試乗を終えてもっとも強く気持ちに残ったのは、このクルマで早くラフロードを走ってみたい、という欲求だった。というのも、その日の試乗で走ることができたのは横浜の街中と高速道路のみ。

 プラグインハイブリッドのシステムを持つクルマとしては予想していた以上に出来映えはよかったし、レネゲードというクルマのキャラクターをさらに好感度の高いモノへと引き上げてるような気もしたし、そもそもジープ・ブランドのクルマなのだから悪路でどうなのさ? という気持ちが湧くのは当たり前といえば当たり前。

 レネゲードはジープ・ブランドの末娘みたいなモデルだけど、これまでのガソリンエンジンを積んだ4WDモデルの悪路での走破性は、小柄でちょっとばかりかわいらしい雰囲気の車体からはにわかには想像できないくらいに強力といえる水準にある。そこにモーターによる駆動という大きな武器となり得る機構が加わったのだ。僕の欲求は極めて順当だと思う。

 レネゲードのラインナップに追加されることになったPHEVモデルは、「レネゲード 4×e(フォー・バイ・イー)」と名づけられている。電動システムを持った全輪駆動を意味するネーミングだ。「リミテッド 4xe」と「トレイルホーク 4×e」のふたつのグレードが用意されていて、チューンニングの違いはあるのだが、基本的なパワートレイン構成は共通している。

 レネゲード 4×eのプラグインハイブリッドのシステムは、2基の電気モーターと11.4kWhのリチウムイオンバッテリーパックに、1.3リッター・ターボのガソリンエンジンと6速ATが組み合わせられるもの。

 2基のモーターのうちの1基はフロントアクスル上でエンジンと接続して相乗効果を生み出すほか、高電圧ジェネレーターとしての役割も果たす。もう1基はリアアクスルにあって後輪のトラクションを生み出すほか、減速時にエネルギーを回収する機能を持つ。ちなみに前輪と後輪の駆動力の配分は電気的に自動で制御されることになるために、プロペラシャフトやセンターデフのようなメカニカルな4WD機構は持たない。

 ガソリンエンジンのパワーはリミテッドが131ps、トレイルホークが179psで、電気モーターはどちらも60ps。システム全体ではそれぞれ191psと239psとなる。トルクの方はリミテッド、トレイルホークともにエンジンが270Nm、モーターが250Nm。

 ハイブリッドシステムの作動は3つのモードから選択できる。エンジンとモーターを自動的に効率よく使い分ける「ハイブリッド」、モーターのみによる最長48km+最高速度130km/hの走行が可能な「エレクトリック」、バッテリーの消費を抑えるためにエンジンを多用する「Eセーブ」だ。

 そしてドライブモードはオート、スノー、マッド&サンド、そしてトレイルホークにはロックも備わったなかから選べるほか、4×e専用としてスポーツモードも追加となっている。当然ながら電子制御による4WDロック、4WDロウ、ヒルディセントコントロールを選ぶこともできる。

──まだまだ説明したいことはたくさんあるのだけど、レネゲード 4×eのもっとも特徴的な部分は、ざっとこんなところだろう。

Gallery:【画像】レネゲード 4xeのディテールをチェックする(33枚)