アウディ「A6アバント」にプラグインハイブリッド登場 新世代システム「TFSI e」採用

アウディAGは2020年4月27日、アウディのフルサイズワゴン「A6アバント」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの「A6アバント 55TFSI eクワトロ」を追加、受注を開始した。

2.0TFSI+モーターとクワトロで環境性能と走行性能を両立

 アウディAGは2020年4月27日、フルサイズステーションワゴンの新型アウディ「A6アバント」にプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの「A6アバント 55TFSI eクワトロ」を追加、欧州での受注を開始した。

アウディ「A6アバント 55TFSI eクワトロ」

 A6アバント 55TFSI eクワトロは、2019年10月に登場した「A6セダン」PHEVモデルのアバントバージョン。このモデルには直噴ガソリンターボエンジンTFSIをベースにした新世代のPHEVシステムの「TFSI e」が搭載されている。

 252ps・370Nmを発生する2リッター直噴エンジンに143ps・379Nmを発生するモーターが組み合わされ、システム出力は367ps・500Nm。トランスミッションは7速Sトロニック(DCT)を組み合わせる。

 バッテリーは14.1kWhのリチウムイオンで、トランクルーム下に搭載。このため荷室容量は通常時405リッター、最大1535リッターと、荷室は犠牲になっていない。
 
 このリチウムイオンバッテリーは、出力7.4kWの充電器では約2.5時間でフル充電が可能。最大で51kmのEV走行が可能になっている。

 ドライバーはEV走行の「EV」最大限の効率を得られる組み合わせの「ハイブリッド」バッテリーの充電を維持できる「ホールド」の3種類の走行モードから選択できる。

 A6アバント 55TFSI eクワトロは、最高速度250km/h(リミッター)、0-100km/h加速は5.7秒のパフォーマンスを誇る。EV走行のみでは最高速度は135km/hとなる。

 ドイツでの車両価格は7万1940ユーロ(約840万円)。Sラインエクステリアパッケージやブラックスタイリングパッケージ、マトリクスLEDヘッドライト、スポーツシート、アウディバーチャルコックピット、スポーツサスペンション、19インチアルミホイール、レッドブレーキキャリパーなどが標準で装備される。

Gallery:A6アバントにも新世代PHEV登場 「55TFSI eクワトロ」を画像で見る(13枚)