クラシック・ポルシェオーナーに朗報! Apple CarPlay対応のポルシェ純正「PCCM」登場

ポルシェAGは、クラシック・ポルシェ用の新しいインフォテインメントシステム「PCCM(ポルシェ・クラシック・コミュニケーション・マネージメント)」を発表した。

クラシック・ポルシェ対応の最新インフォテイメントシステム

 ポルシェAGは、クラシック・ポルシェ用の新しいインフォテインメントシステム「PCCM(ポルシェ・クラシック・コミュニケーション・マネージメント)」を発表した。

1DINサイズのPCCM(ポルシェ・クラシック・コミュニケーション・マネージメント)

 PCCMは、ふたつのロータリーノブと6つのボタン、3.5インチのタッチセンサー式ディスプレイを採用するもので、iPhoneユーザーはApple CarPlayを通じて、運転中でもメディアの再生やナビゲーション、通話ができるようになっている。メディア再生はSDカード、USB、AUX、Bluetoothを介して可能になる。

 PCCMは1DINサイズで、ブラックの表面仕上げとノブの形状により、クラシックポルシェのダッシュボードに調和したデザインを採用。1960年代の911から1998年までの993型911(空冷最後の911モデル)に対応しているという。

 また1990年代に製造された水冷エンジンを搭載する996型911モデルと、986型ボクスター用には、2DINサイズの「PCCMプラス」を用意。こちらは7インチタッチスクリーンを装備し、Apple CarPlayのほかAndroid Autoにも対応している。

 PCCMプラスも見た目だけでなく、触った感触も996型911や986型ボクスターのインテリアに合わせ、シームレスなインストールを実現しているのが特徴。アンプやスピーカー、アンテナなどのコンポーネントはそのまま使用できる。またメーターパネルのナビゲーションディスプレイも引き続きサポートされるという。

 価格は1DINのPCCMが1439.89ユーロ(約16万7000円)、2DINのPCCMプラスが1606.51ユーロ(18万6000円)となる。

Gallery:クラシックモデルに最新情報を! ポルシェ純正オプション「PCCM」を画像で見る(5枚)