ベントレーのラグジュアリーなDNAに欠かせない最高品質の素材たち

ベントレーのDNAに欠かせないのが、クラフツマンシップだ。そして、クラフツマンが仕事を始める以前に、ベントレーを他のラグジュアリーカーとは一線を画している重要な要素が、素材の調達と選択となる。今回は、ベントレーが使用する最高品質の素材について紹介しよう。

ベントレーが使用する最高品質の素材

 ベントレーがほかのラグジュアリーカーとは一線を画している重要な要素が、素材の調達と選択だ。ベントレーのDNAに欠かせないクラフツマンシップ。そのクラフツマンが仕事を始める以前に重要となる、最高品質の素材について紹介しよう。

最高品質の素材が使われたラグジュアリーな内装

 ウッドパネルには最高の木材を

 ベントレーが使用するウッドパネルには、幅広い種類の木材が使われている。これらの素材は、ベントレー・モーターズの木材専門スタッフが、世界に点在するユニークな色と木目を持つ品種を見つけるために、手間を惜しまずに努力を重ねることで調達可能となっている。

 3代目コンチネンタルGTのデビュー時に採用されたコアのエレガントでまっすぐな木目から、継続的に使用されているタモアッシュの淡い色と繊細な木目まで、ベントレーが使用するすべての木材は、倫理的に調達され、品質と持続可能性の基準を満たしていることを確認するために厳格なテストがおこなわれる。

 また、豊かな赤褐色が特徴のリキッドアンバーのウッドパネルを実現するために、チームは2年かけて徹底的な調査をおこない、アメリカンレッドガムの木が生育するミシシッピ州の湿地帯にたどり着いた。新たに木を伐採することはせず、使うのは自然に倒れた木だけ。しかも、その場所には新しい木を植えることをルールとしている。

 メタル&ストーン

 ベントレーのフェイシアパネルに使用される素材は、木材だけではない。

 カーボンファイバーは現代的でスポーティな印象を与えるだけでなく、銅やチタンといったポリッシュ仕上げの金属素材を織り交ぜることで、人目を引くテクニカルな雰囲気に仕上げることが可能だ。

 100周年を記念してビスポーク部門のマリナーが製作した限定車のセンターコンソールには、1920年代から1930年代に流行したエンジンスピン仕上げのパネルが採用され、精巧なターンドアルミニウムが使用されている。

 さらに個性的なキャビンに仕上げたい場合は、ストーンベニアを使用することも可能だ。ベントレーが誇るクラフツマンの精巧な技術で、石材から厚さわずか0.1mmのスレートの層を作り、驚くほど美しく自然なフェイシアパネルに仕上がっている。

 オーク材と銅のマッチング

 2019年7月に発表された「EXP 100 GT」は、木材の使用を含むラグジュアリーグランドツアラーの将来のあらゆる側面を探求するために作られたコンセプトカーだ。

 ケント州のオーク材のスペシャリストAdamson and Lowと協力し、何世紀にもわたって泥炭湿地の土中に眠っていた化石化したオーク材を再生させた。持続可能な木材の調達方法はいくつか存在するが、これは、それを新たなレベルに引き上げた画期的な発想であった。

 この木材の自然な美しさを引き立てるために、木目の空いた部分や節、割れ目には、日本の伝統技法である「金継ぎ」にインスパイアされたリサイクル銅を充填。その結果、この銅が充填されたリバーウッドによって、ラグジュアリーカーのキャビンにふさわしい静謐(せいひつ)な雰囲気を与えることができたのだ。

Gallery:【画像】ベントレーのDNAを構成するラグジュアリーな素材を見る(12枚)