クルマ選びの理想と現実にギャップ有り! 約9割が価格を重視

BMWは、地球環境保護に向けた次世代車普及のために、「次世代車に関する意識調査」を実施した。

クルマ選びで重視する基準は約9割が「価格」

 BMWがドライバーを対象に、次世代車に関する意識調査を実施した。

BMWのプラグインハイブリッドモデル「X3 xDrive30e」

 同調査は2020年4月11日から4月12日の2日間、地球環境保護に向けた次世代車の普及を目的として、1か月に1度以上クルマに乗る、20歳から69歳の男女600名のドライバーを対象におこなわれた。

 調査では、「次にクルマの購入・買い替えをするときに重視するのはどのような点ですか」という質問をしたところ、88.5%が「価格」と回答。次いで、「燃費」が74.5%、「ボディタイプ・サイズ・大きさ(積載人数、 積載量)」には53.3%の回答が集まる結果となった。

 全体的に価格と燃費のスコアが高いことから、クルマ選びにおいて経済的な要素が大きく関わる傾向だ。

 また、年齢によって重視するポイントが異なることが判明。「デザイン性」の選択肢に着目すると、若い人ほどスコアが高い結果となった一方で、「安全性能」、「環境性能」の選択肢に着目すると、年齢が増すほどスコアが高いことが明らかとなった。

「価格を気にしなくてよいとしたら、環境にやさしいクルマと一般的なガソリン車のどちらが欲しいと思いますか」という質問に対しては、73.8%が「環境にやさしいクルマ」、「どちらかというと環境にやさしいクルマ」と回答し、できることなら環境にやさしいクルマに乗りたいと思っているドライバーが多くいることも判明。

 一方で、ガソリン車ドライバーに対し「次世代車に乗らない理由はなんですか」と質問したところ、「車両本体価格が高いから」ともっとも多い48.3%が回答し、次いで32.6%が「ガソリン車に不満が無いから」と回答した。

 さらに、次世代車に魅力を感じない151名を対象に「次世代車に対して魅力を感じないと答えた理由として、当てはまるものをすべてお選びください」と質問したところ、最も多い55%が「車両本体価格が高い」と回答。ほかの選択肢と比較しても非常に高いスコアとなった。これらの調査結果から、次世代車普及において、車両価格が課題として挙げられることが明確となった。

Gallery:【画像】クルマ選びの理想と現実のギャップを画像で見る(12枚)