世界初公開で注目のトヨタ「ヤリスクロス」と人気の輸入車 VW「Tクロス」を比べてみた

2020年4月23日に世界初公開されたトヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」。日本だけでなく欧州市場もターゲットとするグローバルカーだが、欧州ではこのクラスのSUVライバルは多い。そのなかのひとつ、フォルクスワーゲン「Tクロス」と比べてみた。

欧州車ライバルが数多い「BセグメントSUV」というジャンル

 2020年4月23日に世界初公開されたトヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」。もともと同年3月に開催される予定のジュネーブ国際モーターショーで披露される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でモーターショー自体が中止となってしまったため、このタイミングでのワールドプレミアとなった。

 ヤリスクロスは2020年秋に日本で発売される予定になっているが、欧州でも2021年半ばには発売を予定しているグローバルモデルだ。ジュネーブショーでお披露目予定だったことを考えても、欧州を主要な市場のひとつとして考えているのがわかる。

4月23日に世界初公開されたコンパクトSUVトヨタ「ヤリスクロス」と、日本でも人気の輸入SUV、フォルクスワーゲン「Tクロス」

 欧州では、ヤリスクロスの属するこのコンパクトSUVカテゴリーを「BセグメントSUV」と呼ぶことが多い。

 これは全長4200mm前後のSUVモデルを指す。もともとは2010年に欧州で登場した日産「ジューク」が大ヒットしたことを受け、他メーカーが続々とこのクラスに参入したところから始まっているという。ちなみに、ヤリスクロスの全長は4180mmだ。

 日本で発売されている海外ブランドのBセグメントSUVをあげてみると、フォルクスワーゲン「Tクロス」(全長4115mm)、ルノー「キャプチャー」(全長4135mm)やプジョー「2008」(全長4160mm)、シトロエン「C3エアクロスSUV」(全長4160mm)、「DS3クロスバック」(全長4120mm)などがある。

 そのなかで注目なのは、2019年11月に日本上陸をはたしたVWのTクロスだろう。登場以来、日本での販売は好調で、日本自動車輸入組合(JAIA)による2020年第1四半期(2020年1月から3月)の新車登録台数順位を見ると3518台で、輸入車全体の第4位となっている。

Gallery:注目の日欧ライバルSUV ヤリスクロスとTクロスを画像で比較(25枚)