VAGUE(ヴァーグ)

トート派? それともバックパック派?「Appleも認めたインケースの2WAYバッグ」ならどちらにも対応できます

バックパックとしても使えるトートバッグ

 1997年にアメリカ・サンフランシスコで誕生したバッグブランド・インケース(Incase)。Apple社の公認を受けてグローバルにアイテムを展開し、今日のようにビジネスリュックがブームとなる以前から、機能的でスタイリッシュなラップトップ用リュックを手がけ、クリエイターを中心に支持を集めた。

 そんなインケースから新作「Transfer 2-Way Tote」が登場。2とおりの持ち方に対応し、バックパックとしてもトートバッグとしても使えるのが魅力だ。

ビジネスなどのオフィシャルなシーンではトートバッグとして、移動時にはバックパックとして背負うなど、スタイルを変えながらさまざま場面で活用できるインケースの「Transfer 2-Way Tote」
ビジネスなどのオフィシャルなシーンではトートバッグとして、移動時にはバックパックとして背負うなど、スタイルを変えながらさまざま場面で活用できるインケースの「Transfer 2-Way Tote」

 その特徴について、インケースの日本正規代理店を務めるビーズインターナショナルのコンテンツチャネル開発本部・今屋敷拓郎さんは次のように話す。

「インケースのプロダクトには、Simplicity(シンプル)、Efficiency(効率性)、Agility(軽快性)という3つの要素が備わっています。この『Transfer 2-Way Tote」は、インケースブランド初の“バックパックにもなるトートバッグ”です。

 ビジネスなどのオフィシャルなシーンではトートバッグとして、移動時にはバックパックとして背負うなど、ひとつのバッグでありながらスタイルを変え、さまざま場面で活用できるようつくられているのが特徴です」

●ノートパソコンも小物類もすっきり整理収納

 ここからは「Transfer 2-Way Tote」の便利なディテールについて見ていこう。

 長めに設計されたハンドルは肩かけにも対応。ショルダーハーネスは簡単に取り外すことができ、背面ポケットに格納可能だ。これにより、トートバッグとバックパックの素早い切り替えを実現する。

 メインコンパートメントには、16インチのApple「Macbook Pro」も収納できるポケットを搭載。裏地は起毛仕立てになっており、ノートパソコンやタブレットを保護しながら持ち運べる。

メインコンパートメントには、16インチのApple「Macbook Pro」も収納できるポケットを搭載
メインコンパートメントには、16インチのApple「Macbook Pro」も収納できるポケットを搭載

 外装には計6つのポケットを配置。フロントポケットはペンホルダーやキーフックなどが内蔵され、両サイドにはドリンクボトルや折りたたみ傘を収納できる縦長のマチつきポケットが備わる。

 背面には、スーツケースのハンドルにセットアップ可能な大型オープンポケットや、iPhoneなどのスマホ収納に便利なミニポケットを搭載。持ち物をすっきりと整理収納でき、さまざまなシチュエーションでストレスなく使用できる。

 本体の素材は、軽くて丈夫なリップストップ生地(300デニールのリサイクルポリエステル)を採用。耐久はっ水加工が施されているため、水や汚れにも強い。

 優れた収納性とデザイン性を兼ね備え、持ち方を変えられるインケースの新作バッグ。出勤時はバックパックとして、打ち合わせ時はトートバッグとしてなど、シーンやスタイルにあわせて活用できる注目のアイテムだ。

●製品仕様
・価格(消費税込):1万5950円
・サイズ:約W30×H42×D12cm
・カラー:ブラック

Gallery【画像】シーンやスタイルにあわせて使いわけられる革新的2WAYバッグを見る(10枚)

RECOMMEND