VAGUE(ヴァーグ)

アストンマーティンが「ウルス」を超えた! 世界最高のスーパーSUV新型「DBX707」を試乗して分かった桁外れのパフォーマンスとは

「アヴェンタドールLP700−4」以上のパワーを手に入れたSUV「DBX707」

 700馬力といえば、スーパースポーツの世界でもトップレベルの、ちょっと前ならハイエンドブランドのフラッグシップモデル(例えばデビュー当時のランボルギーニ「アヴェンタドール」)が標榜したようなスペックだ。背の低いスーパーカーでも驚異の数字というべきなのに、そんな高出力エンジンがSUVに積まれる時代になったとは!

 アストンマーティン「DBX」にその名も「707」というハイエンドグレードが追加された。数字はもちろん最高出力を表している。アストンマーティンが最高出力を車名に用いることはこれが初めてではない。過去には「ヴァンテージV550」や「V600」といったモデルがあったし、つい最近も限定車で同様のネーミングがあった。とはいえ707という数字そのものはやはり尋常ではない。

 現ラインナップのトップモデルであるV12エンジン搭載の「DBS」=715psに迫る数値であり、他モデルの追随を許さない。SUV界を広く見渡しても700psオーバーはジープ「グランドチェロキー トラックホーク」の710psがあった程度で、DBXの高い運動性能を考えれば事実上、そして現時点では、DBX707は世界最高パフォーマンスを誇るSUVといって良さそうだ。

 いや、そう断言していい。先日、日本でも発表されたばかりの「DBX707」を筆者はひと足早くイタリアはサルデーニャ島で開催された国際試乗会で試してきたが、果たしてそれは全くSUV離れしたダイナミックパフォーマンスを持つスーパーカーであったのだ。

900Nmに耐えられるよう強化された新バージョンのe-diffを搭載。最終減速比はローギアード化されている(C)アストンマーティン
900Nmに耐えられるよう強化された新バージョンのe-diffを搭載。最終減速比はローギアード化されている(C)アストンマーティン

●4リッターV8ツインターボエンジンを驚異の707psに

 それにしても元々550ps&700Nm(これでも十分)だった4リッターV8ツインターボエンジンを+157ps、+200Nmまで引き揚げてきたことに驚く。この数字は同じ系列のAMG製ユニットでは「GTブラックシリーズ」や「ヴァルハラ」用のスペシャルエンジンであるM178 LS2に迫っている、というかほとんど同じレベルだ。

 組み合わされるのは湿式多板トルコンレス・シングルクラッチのトランスミッション、メルセデスAMGでいうところのスピードシフトMCT。大トルクへの対応と効率性、そして何よりもダイレクトで素早い変速を期待して採用された。

 もちろん、パワートレインの大幅性能アップに併せてシャシ&サスペンション周りも大きく手を入れており、DBXというSUVの日常性を損なわないレベルで全てのシャシリアクションをタイトにすべくセッティングされた。ブレーキ性能ももちろん大幅に引き上げられている。

 世界一高性能なSUVの実力とはどんなものか。そもそもスタンダードなDBXがSUV 離れした運動神経の持ち主で、他のスーパーSUVとは一線を画する存在だった。エンジンそのものはV8で変わらないから重量配分も前52:後48と理想的なバランスを保ち、モアパワー&トルクを受け止めるべくリアトラックをワイドにしていることから、その性能アップはある程度想像していたのだが……。

NextSUVらしからぬ「DBX707」の走りとは?
Gallery【画像】暫定世界ナンバーワンのスーパーSUV「DBX707」を見る(11枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND