VAGUE(ヴァーグ)

アルファ ロメオ新型SUV「トナーレ」はアクティブサス「あり/なし」どちらもいい! 気になる日本導入時期は?

イタリア本国でアルファ ロメオ「トナーレ」を初試乗

 アルファ ロメオの電動化にまつわる僕たちの体験は、ミラノ郊外のコモ湖の畔にあるテンピオ・ヴォルティアーノ、ヴォルタの神殿と呼ばれる建物からスタートした。1745年にこの地に生まれ、1800年に世界で初めて化学反応により電流を作り出す電池を発明したアレッサンドロ・ヴォルタに敬意を表して建てられた博物館だ。

 電圧・電位差・起電力の単位である“VOLT”はALESSANDRO“VOLTA”へのリスペクトから名づけられたもの。電気エネルギーの実用化の祖といえる人物の生誕地を試乗会の開催場所に選び、彼にちなんだ建物の中でクルマの技術説明をおこなうところからも、「トナーレ」に対するアルファ ロメオの想いのようなものが伝わってくる。

アルファ ロメオ112年の歴史で初めてとなる電動化モデル「トナーレ」をイタリアのコモ湖周辺で試乗した
アルファ ロメオ112年の歴史で初めてとなる電動化モデル「トナーレ」をイタリアのコモ湖周辺で試乗した

 トナーレはアルファ ロメオ112年の歴史で初めてとなる電動化モデルだ。これを皮切りに電動化モデルを増やしていき、2027年にはラインナップがBEV(バッテリーEV)のみとなるという。いかに個性豊かな内燃機関でドライバーを魅了してきたヒストリーをも持つアルファ ロメオであっても、自動車メーカーとしてやっていく以上は、当然ながら世界的な潮流に逆らうことは許されないわけだ。それは昔からのファンがいくら嘆こうが騒ごうが、どうすることもできない。

 僕もアルファの濃厚な内燃機関の味に今も魅了されている昔ながらのファンのひとりで、気持ちの一部に若干のモヤモヤがあったことは否定しない。けれど、テンピオ・ヴォルティアーノでクルマのディテールを説明してくれたエンジニアたちの言葉は、なかなかに熱かったのだ。となれば、モヤモヤは気持ちから一度閉め出して、“そこにアルファらしいドライビング・プレジャーはあるか?”をしっかりチェックさせてもらうことにしよう。そんな気分だった。

 ざっくりとした概要はワールドプレミアのときにお伝えしたのでクドクドと述べることはしないけど、トナーレの基本的なラインナップ構成は、トランスミッションに48VのP2モーターを組み込んだ前輪駆動の“ハイブリッド”と、前輪をエンジンで後輪はモーターで駆動する4WDの“プラグイン・ハイブリッド”の2系統。今回は前輪駆動のハイブリッド・モデルの試乗となる。

●日本に最初に入ってくるのは160hpのハイブリッド・モデルか!?

 エンジンはファイアフライ系をベースにしながら新たに開発したという1.5リッター4気筒ターボで、160hp仕様と130hp仕様が用意されている。160hp仕様は可変ジオメトリー・ターボを備えたトナーレ専用のチューニングで、160hpの最高出力を5750rpm、240Nmの最大トルクを1500rpmで発生させる。これに7速DCTが組み合わせられて、そこにP2モーターが内蔵される、という仕組みだ。

 48VのP2モーターの最高出力と最大トルクはそれぞれ単体で20hpと55Nmだが、トランスミッション比が2.5対1で肝心のトルクはギアボックス入力値では135Nmに相当するというから、ちょっと軽く見ることはできない。これはあくまでも予想だが、僕たちに与えられたクルマがすべて160hp仕様だったことから、年末ぐらいを目安に上陸することになる日本仕様はこちらが中心になるんじゃないかと思う。

 160hp仕様はハイブリッド・モデルの上級グレードで、“TI”と“ヴェローチェ”というふたつのトリムが用意されている。そのネーミングから想像できる人も少なくないだろうけど、TIはエレガントなグランツーリスモ的モデルで、ヴェローチェはスポーツ志向の強いモデルという位置づけだ。

 パワートレインなどに違いはなく、シャシのセッティングも基本は同一だけど、ヴェローチェでは電子制御のアクティブ・サスペンションを選ぶことができるのが違いのひとつ。トリムの細かな違いについては日本仕様がどうなるか判らないので今回はあえて触れないが、識別の仕方だけ述べておくなら、フロントのスクデット(盾の部分)やグリル下部、サイドスカートやリアのディフューザーなどがシルバーであしらわれているのがTI、その部分がブラックアウトされているのがヴェローチェで、おそらくその基本的な意匠は日本仕様も変わらないだろうと推測している。

Nextアルファ ロメオDNAを受け継いた「トナーレ」の乗り心地とは
Gallery【画像】日本導入が待ち遠しい「トナーレ」のすべてを写真で見る(28枚)

page

RECOMMEND