VAGUE(ヴァーグ)

スペチアーレの上をいくワンオフ・フェラーリ「SP48ウニカ」完成!! ベースは「F8トリブート」でした

カスタマーが1年かけてフェラーリと一緒につくるクルマとは?

 フェラーリは2022年5月5日、ワンオフ・シリーズの最新作となる「SP48ウニカ」を発表した。

 フェラーリが正式に「スペシャル・プロジェクト・プログラム」と呼ぶプログラムは、カスタマーひとりひとりのリクエストに応じたエクスクルーシブなデザインを特徴としたフェラーリを製作し、カスタマーが真の意味でワンオフモデルのオーナーとなれるようにするものである。

 フェラーリが認めた長年のカスタマーから提案されたアイデアから始まり、フェラーリ・スタイリング・センターのデザイン・チームと共同でプロポーションやフォルムを決定。その後新しいワンオフモデルの製作が始まるという、フェラーリのカスタマーにとっては夢のような1台をつくるプログラムだ。

「スペシャル・プロジェクト・プログラム」によって、ワンオフで作られた「SP48ウニカ」
「スペシャル・プロジェクト・プログラム」によって、ワンオフで作られた「SP48ウニカ」

●ベースは「F8トリブート」

 平均して約1年間の時間を必要とするスペシャル・プロジェクト・プログラムでは、カスタマーも数回にわたってデザイン会議に出席。その細かい希望をデザイナーに伝える。

 今回のSP48でカスタマーが求めたものは、スポーツカーを大胆に解釈し、レーシング・スピリットとスピードへの使命感をより高めること。

 実際に見るSP48ウニカは、フェラーリのコアバリューたる革新と情熱からインスピレーションを得て、現行のプロダクションモデル・ラインナップをさらに超える魅力的な姿に変貌を遂げている。

 ちなみにこのSP48ウニカのベースは「F8トリブート」。テクニカルな部分でのディテールが一切変更されていないのも、これまでのワンオフモデルと同様である。

 SP48のデザインでもっとも重要なパートといえるのは、フェラーリ・スタイリング・センターのデザイナーと、マラネロのエンジニアが、フロントグリルとエアインテークを完全に再設計するためにパラメトリック・モデリング技術と3Dプロトタイピング(積層造形)技術を多用したことだ。

 それによってまるでひとつの個体から削り出されたかのような完璧な3Dグリルが誕生し、シームレスな連続性とダイナミックな流動性が実現された。サイドウインドウは小型化されリアウインドウは廃止。それによってフロントの印象的なマスクのデザインはより強調された。ちなみにこのデザインは空力のみならず、熱効率に関しても最大の効果を発揮するとフェラーリは説明している。

 インテリアはシートを含めて専用のブラックレザー・パインテリアンチング・アルカンターラをベースに、六角形のモチーフを多用したもの。ワンオフモデルの世界は、やはりフェラーリでも特別な存在であることが分かる。

Gallery【画像】世界に1台だけのワンオフ・フェラーリ「SP48ウニカ」を見る(13枚)

RECOMMEND