VAGUE(ヴァーグ)

メルセデス「Cクラス ステーションワゴン」を選ぶ理由とは? 人気のSUVを凌駕するワゴンの価値を考える

「いまさらワゴン」ではなく「あえてワゴン」

 日本でメルセデス・ベンツ「Cクラス」を購入する人の約3割が、セダンではなくステーションワゴンを選んでいるという。この数字が大きいのか小さいのか、それは受け取る人によって異なるだろうが、ワゴンがトレンドとはいいがたい昨今の市場動向を鑑みると、案外「多いな」と筆者は感じた。

SUV人気が全盛のいまにあって、依然として根強い人気を誇るメルセデス・ベンツのCクラス ステーションワゴン
SUV人気が全盛のいまにあって、依然として根強い人気を誇るメルセデス・ベンツのCクラス ステーションワゴン

 メルセデス・ベンツの本拠があるドイツでは、メルセデス・ベンツはもちろんのこと、フォルクスワーゲンやBMW、アウディなどの各ブランドにおいて、ワゴンが一定の人気を獲得している。その理由は、ドイツ人の習慣や彼の地の環境によるものが大きい。

 まずドイツの人は、長期休暇になるとバカンスへと出かける。それは1週間、ときには2週間を超えることも珍しくなく、愛車にたくさんの荷物を積み込んで目的地へと向かう。

 そして、バカンススポットへの移動には、高速道路の使用が欠かせない。ドイツの高速道路といえば、速度無制限の区間があることで知られるアウトバーンだ。多くのクルマが130km/h、なかには160km/h以上で巡行しているクルマも珍しくはない。そんな環境からか、SUVやミニバンのように背の高いクルマではなく、背の低いワゴンの安定感ある走りを好む人が多い。

 つまり、たくさん荷物を積める上、超高速域でも走りが安定しているというのが、ドイツでワゴン人気が根強い理由だ。そして、こうした市場動向は、メルセデスAMGやアウディのRSモデルなど、ワゴンに超高性能な仕様がラインナップされる要因にもなっている。SUV全盛の現代にあって、「いまさらワゴン」ではなく「あえてワゴン」というのがドイツのクルマ事情なのだ。

SUVに比べると背が低いこともあり、フットワークは軽快。セダンと遜色ないコーナリングを披露する
SUVに比べると背が低いこともあり、フットワークは軽快。セダンと遜色ないコーナリングを披露する

 一方、日本では、高速道路の巡航速度はドイツに比べてずっと低く、クルマのラゲッジスペースに収まらないほどの荷物を積み込んでバカンスへ出かける習慣もない。それでもセダンより実用的で、SUVより走行性能に優れるワゴンは、一定の人気をキープしつづけている。昨今、キャンプやスキーといったアウトドアレジャーが人気だが、そうした趣味の世界とマッチングがいいところも、日本でワゴンの魅力を見直される要因になっているようだ。

Nextワゴンらしく荷室の仕立てが素晴らしい
Gallery【画像】ワゴンの真骨頂を見せつけるCクラス ステーションワゴンの詳細を見る(20枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND