ボルボが掲げる電動化目標の第一歩! 「XC60」と「XC90」に48Vハイブリッドパワートレインを追加

ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボ初となる新開発の48Vハイブリッドパワートレイン「B5」を「XC60」および「XC90」に追加。さらに「XC90」には限定車「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」を設定し、2020年4月23日に発売した。

環境性能と上質な走行性能を追求した48Vハイブリッドパワートレイン「B5」

 2020年4月23日、ボルボ・カー・ジャパンはボルボ初となる新開発48Vハイブリッドパワートレイン「B5」を「XC60」と「XC90」に追加。さらにXC90には、限定車「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」の販売を開始した。

ボルボ「XC90」の限定車限定車「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」

 新たに導入されたB5パワートレインは、ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や動力補助をおこなうハイブリッドシステムが搭載されている。

 また、スターターモーターに代わりISGMを使ってエンジンの始動をおこなうことにより、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減を実現した。

 エンジン本体にも大幅な改良が施され、気筒休止機構の採用もあいまって、より上質感のある走行性能と実用域での燃費を向上。今回ギアセレクターがバイ・ワイヤー化されたことにより、「XC60 B5 AWD Inscription」にはスウェーデン・オレフォス社のクリスタルガラス・シフトノブが採用されている。

 また、ボルボ・カーズでは、2025年までに世界販売台数の50%を電気自動車、残りをハイブリッド車(PHEV、48Vハイブリッド)とする目標を掲げており、今回導入された新型48Vハイブリッド・パワートレインの普及促進は、その達成に向けて重要な役割を担うことになる。

 B5には新世代パワートレインであるDrive-E(ドライブイー)の第3世代となる4気筒2リッターガソリンエンジンが搭載されている。

 さらに、ボルボ独自の設計思想により、優れた効率性と環境性能、コンパクトなデザインを実現しており、新世代ボディ構造とともに、高いレベルの衝突安全性能も考慮された。

 シリンダーの表面処理の改良など、エンジン内部の摩擦低減を図るとともに、CDA(気筒休止)システムが導入されたことで、一定条件を満たした状態での2気筒走行が可能となり、エンジンの運転効率が向上したことで燃費を向上させることが可能となった。

 また、エンジンパフォーマンスに影響を与えることなく、車内外の騒音レベルを抑えるために、エキゾーストシステムをはじめ、さまざまな機構の改良も実施されている。

 さらに、同時に追加された限定車「XC90 B5 AWDノルディック・エディション」は「XC90 B5 AWDモーメント」をベースに、人気オプション「パノラマ・ガラス・サンルーフ」や「harman/kardon プレミアムサウンド・オーディオシステム」、通常のモーメントグレードには設定のない「専用20インチ・アルミホイール」などを装備し、スカンジナビアン・デザインを感じさせるリニア・ウォールナットウッドパネルなどのカラーコンビネーションの内外装を設定した、ディーラー特別限定車だ。

 ボディカラーは、サヴィルグレーメタリック、クリスタルホワイトパール、バーチライトメタリックの3種類。限定100台での販売となる。

 価格(消費税込)は、XC60 B5 AWDモーメントが634万円、XC60 B5 AWD Inscriptionが734万円、XC90 B5 AWDモーメントが824万円、XC90 B5 AWDノルディック・エディションが897万円となっている。

Gallery:【画像】ボルボ初となる新開発48Vハイブリッドパワートレイン「B5」が追加された「XC60」と「XC90」のイメージを見る(13枚)