VAGUE(ヴァーグ)

ロータリーエンジン搭載の国産バイクがあった! スズキ「RE5」のデザイナーはジウジアーロでした

日本にはロータリーエンジンを搭載したバイクがあった!

「技術の粋を結集」という言葉があるが、1974年に衝撃のデビューを果すスズキ「RE-5」を表すのにこれほど的確な言葉はない。なんと国内バイクでは初となるロータリーエンジンを搭載していたのである。

ラジエターは105度で電動ファンが回る。このあたりはロータリーエンジン搭載車らしい
ラジエターは105度で電動ファンが回る。このあたりはロータリーエンジン搭載車らしい

 ロータリーエンジンは、ドイツのNSU社とヴァンケル研究所が1957年に共同開発・実用化したエンジンで、ピストンが上下するレシプロエンジンとは違い、三角形のローターが回転することで出力するという全く新しいユニットであった。

 レシプロエンジンより軽量で遥かに効率がいいロータリーエンジンは次世代を牽引する夢のエンジンと称され、世界中の二輪・四輪メーカーがライセンス契約を結び商品開発をおこなうが、ロータリーエンジンは、ローター先端部のアペックスシール部の扱いが非常に難しく、ほとんどのメーカーが市販量産化を断念。

 そんな中、1967年に世界初で量産四輪にロータリーエンジンを搭載したのがマツダ「コスモスポーツ」だった。その後、ロータリーエンジンのクルマといえばマツダといわれるようになったのは周知のとおりである。

●クルマはマツダ、バイクはスズキ

 一方、バイクでは1972年にドイツのハーキュレス社が発売した「W2000」が世界初のロータリーエンジン搭載車となったが、ごく少数の生産で終わっている。

 そして、1973年の東京モーターショーで発表されたRE-5は、翌年に日本初のロータリーマシンとして発売されたのである。

 ちなみにホンダ、ヤマハ、カワサキの各メーカーもロータリーエンジンを搭載したマシン開発をおこなっていたが、結果的に断念している。

Nextスズキだけがなし得たロータリーエンジン市販モデルのデザイナーは?
Gallery【画像】激レア! スズキが作ったロータリーエンジン搭載のバイク「RE5」を見る(13枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND