VAGUE(ヴァーグ)

ヨットやクルーザー級の豪華さ!?「ラグジュアリーな仕立てが魅力」の“らしくない”キャンピングカー

“らしくない”仕立てのキャンピングカー

 ラグジュアリーなキャンピングカーを製造しているALFLEXから、ハイエンドな完成度を誇る「MASTERS LINE」が登場。ベースモデルは通常のバンコン仕様と同じトヨタ「ハイエース」ながら、欧州車ベースのような上質な空間をつくり上げている。

ヨットやクルーザーといった贅沢なプレジャーボートを陸に上げたイメージで仕上げられた、ALFLEX「ADDSET」シリーズの頂点に位置するラグジュアリーな「MASTERS LINE」
ヨットやクルーザーといった贅沢なプレジャーボートを陸に上げたイメージで仕上げられた、ALFLEX「ADDSET」シリーズの頂点に位置するラグジュアリーな「MASTERS LINE」

 同社のキャンピングカーは質感に定評がある一方「キャンピングカーらしくない」といわれることもあると、ALFLEXの代表である竹山嘉伸さんは話す。

「弊社のキャンピングカーはキャンプなどのアウトドアシーンをイメージしたものではなく、ヨットやクルーザーといった贅沢なプレジャーボートを陸に上げたイメージで仕上げています。スイッチひとつからギャレーのシンクやコンロにいたるまで、各種装備品は使いやすさだけでなく、デザイン的にも美しいものを採用。たとえオーナーさまがお使いにならなくても、装着されているだけで満足していただける質感に仕上げています」

 こうした上質さが評価され、オーナーとなるのは欧州車ベースのキャンピングカーから乗り替える人や、増車する人が多いとのこと。一般にイメージされるキャンピングカーとのギャップが「キャンピングカーらしくない」と評される理由のようだ。

「キャンピングカーは寝ること“も”、料理すること“も”できるクルマですが、車内で寝なければいけないわけではありません。旅先でおいしいものをいただき、風情のある旅館や贅沢なホテルで素敵な夜を過ごす。『MASTERS LINE』はそこまでの移動手段であり、素晴らしい景色に出合ったらコーヒーを飲みながら寛げる空間。泊まるも泊まらないもオーナーさま次第というコンセプトです」(竹山さん)

Next日本車ならではの取り回しのよさと高い質感を融合
Gallery【画像】“らしくない”魅力を備えた豪華系キャンピングカーを写真で見る(15枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND