VAGUE(ヴァーグ)

ロレックスとティファニーのWネーム「サブマリーナー」の現在の価値は? オメガとスウォッチのコラボ以上に豪華な腕時計とは

ダイバーズの原型となったロレックス・サブマリーナー

 ロレックス・サブマリーナーといえば、世界初の回転ベゼルを備えたダイバーズウォッチとして知られる名機。その誕生は1953年に遡り、翌1954年のバーゼルで発表されたRef.6240は、当時として画期的な100mという高い防水性能で大きな話題を集めた。

バブル末期、憧れだったロレックスとティファニーのダブルネーム(C)2021 Sotheby’s
バブル末期、憧れだったロレックスとティファニーのダブルネーム(C)2021 Sotheby’s

 ダイバーズウォッチの基本とされるスタイルは、発表以来実に70年近い年月を経た今日でもほとんど変化はない。海中での視認性の確保など、機能に徹したデザインが発表当時から高い完成度を誇っていた証に他ならず、まさにその存在は歴史的なパイオニアであるといっていい。

 デザインだけではなく、“たとえ海中においても、タフで正確である”という機能性も大きな魅力となっている。なにしろダイバーズウォッチは、エアの残存量を知らせてくれる大切なツール。生命を左右する命綱として勝ち得た信頼は、まさに潜水艦乗り=サブマリーナーの名に恥じない輝きを誇っている。

●ティファニーとのダブルネームに驚きのハンマープライスが!

 完成されたデザインと高い信頼性。オンオフ問わず身に付けることが可能なサブマリーナーは、デイトナと並んで高い人気を誇るモデルだ。実勢価格は近年上昇の一途をたどっているが、今回紹介するのは、特例的な超高額にて落札された1本。かのティファニーとのダブルネームのハンマープライスが、4万7880ドル(邦貨換算約610万円)を記録したのだ。

Next1990年代に大人気となったティファニーとロレックスのコラボ
Gallery【画像】平成時代の憧れのロレックスだった「ティファニー」とのダブルネームを見る(7枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND