VAGUE(ヴァーグ)

16万円から「F1」マシンをドライブできるプランあり! 海外旅行ついでに憧れのフォーミュラマシン体験できるドライビングスクール4選

思ったより手頃な価格で超ハイスペックマシンを堪能

 モータースポーツの最高峰「F1」。そのマシン開発には莫大な研究開発費が投下され、最新技術が満載されている。非売品のように思ってしまうが、現役を退いたマシンは購入できるものもあり、海外の高級クラシックカー・オークションにF1マシンが出品されることもある。

PureSport が提供するドライビングレッスンで乗ることのできるマシン。F1マシンより軽いという(C)PureSport
PureSport が提供するドライビングレッスンで乗ることのできるマシン。F1マシンより軽いという(C)PureSport

 フェラーリにいたっては、2003年から「F1クリエンティ」というプログラムが用意されており、公式にフェラーリのF1マシンが購入できる。車両の保管、メンテナンスをしてくれるほか、世界各地のサーキットで開催されるフェラーリのイベント会場へも輸送してくれ、走行会にも参加できる。車両購入費よりも維持費のほうが高くつきそうだが、そんなことが気になる人はそもそもF1クリエンティにはなれないだろう。

●欧州の有名サーキットをF1で走る

 しかし、F1マシンが売られていたとしても、その高価さゆえにおいそれと手が出せるわけではない。でも、ちょっと海外に目を向けてみると、ドライビングレッスン込みでF1マシンに乗るチャンスがあるのだ。そう、海外旅行ついでにF1マシンを運転してみる、という夢のような話が存在する。さすがにレンタカー並みの料金とはいかないが、数千万円の価値があるF1マシンを走らせられる、と考えたらリーズナブルではないだろうか。

 元F3チャンピオンで、F1テストドライバーを務めたこともあるローラン・レドンが主催する「LRS」は、有名サーキットで開催される。

 フランスのマニクール・サーキットやディジョン・プレノワ・サーキット、スペインのカタロニア・サーキット、ポルトガルのアウトードロモ・インテルナショナル・ド・アルガルヴェなどだ。

 ラインナップしているF1マシンも豊富で、1998年のベネトンB198、2001年のプロストAP04、V10エンジンを搭載した2002年のジャガーRB3、2011年のウィリアムズFW33などがある。

 座学やスポーツカーを使ったインストラクターとの同乗走行をおこない、その後フォーミュラマシンを体験するといった内容だ。

 料金は車両によってカテゴリー分けされ、サーキットによって異なる。安いもので1590ユーロ(邦貨換算約21万円)〜、高いもので5950ユーロ(邦貨換算約80万円)〜となっている。

Nextまだある! F1を運転できるプログラムとは?
Gallery【画像】海外旅行の際に「F1マシン」を運転することができるレッスンを見る(5枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND