VAGUE(ヴァーグ)

大阪・貝塚に新発想のグランピング施設がオープン「農福連携を目指したナチュラルリゾート」の真価とは

多様な人材が活躍できるグランピング複合施設

 大阪府貝塚市に、農業と福祉の力を活かした新スタイルのグランピング複合施設「かいづか いぶきヴィレッジ」が誕生した。

 三和建設と一般社団法人FUKUROが共同でつくった同施設は、大阪府が進める農業分野における障がい者の就労を促進する場としての役割も担う。

「かいづか いぶきヴィレッジ」は、約12万平米の広大な自然のフィールドにグランピング施設をはじめ、フレンチレストランや農園、キャンプ場、バーベキューサイトなどが点在する“農╳福╳食╳宿”をかかげた複合施設だ
「かいづか いぶきヴィレッジ」は、約12万平米の広大な自然のフィールドにグランピング施設をはじめ、フレンチレストランや農園、キャンプ場、バーベキューサイトなどが点在する“農╳福╳食╳宿”をかかげた複合施設だ

 そんな「かいづか いぶきヴィレッジ」誕生の背景について、担当の北纓さんは次のように語る。

「少子高齢化が進むなか、障がい者の人口は年々増加傾向にあり、国民のおよそ7.4%がなんらかの障がいを有しているといわれています。三和建設はこれまで多様な人材が社会で活躍しつづけるための環境整備をおこなってきましたが、それと同様に、FUKUROも健常者と障がいのある人たちがともに働ける場所をサポートする活動をおこなっています。そんななか、新施設『かいづか いぶきヴィレッジ』は異業種の2社が多様性を受容する“ダイバーシティ経営”を実現する共同活動のひとつとして生まれました。

 運営地は、2004年に都市と農村が交流する“農業庭園”として整備された後、2021年に“大阪府立農業公園”となった場所。今回、府が取り組んでいる“ハートフルアグリ”を基盤に、新たな自然のテーマパーク『かいづか いぶきヴィレッジ』として生まれ変わりました」

Next新スタイルのグランピング複合施設の魅力
Gallery【画像】農福連携を目指したナチュラルリゾートの魅力を写真で見る(7枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND