VAGUE(ヴァーグ)

意外とカッコイイBMW新型「7シリーズ」の先行販売受付が150台限定でスタート! 後席には31.3インチ8Kパノラマディスプレイ

BMWの革新は「7シリーズ」から! 新型のモデル戦略とは

 BMWはラグジュアリーセグメントである「7シリーズ」の新型を2022年4月20日に発表した。

 7シリーズはBMWのモデルレンジの頂点に立つフラッグシップである。初代が登場して45年、第7世代となる新型は、全モデルが3215mmというロングホイールベースとなり、パワーユニットにはガソリンエンジンとプラグインハイブリッド、BEVを用意。

 欧州ではまず最初に、BEVの「i7」が導入され、米国や中国、その他一部の販売地域では、BEVに加えて、ガソリンエンジンと48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを搭載したモデルが投入される予定だ。

 また、本国の発表に合わせて日本でも初期生産限定モデル「THE FIRST EDITION(ザ・ファースト・エディション)」のオンライン・ストア上でのみの先行販売受付がスタートした。

BMWのフラッグシップ「7シリーズ」が新型になった
BMWのフラッグシップ「7シリーズ」が新型になった

 さらに2023年初頭には、Mモデルも含むプラグインハイブリッド車が発売される予定で、欧州ではディーゼルエンジン+マイルドハイブリッドを搭載したモデルも投入されることになっている。

●新しいデザイン言語となった7シリーズ

 最初に市場へと投入されるi7のエクステリアの特徴は、「X7」にも採用されていた「monolithic surface design(一体型表面デザイン)」にある。

 ヘッドライトはスプリット式で、上段のクリスタルなところにはポジションやデイライト、ウインカーを装備。下段のスモーク部分にはヘッドライトが内蔵されている。

 キドニーグリルのフレームにはイルミネーションを装備。リアのLEDテールユニットは、さらに薄型となっている。ドアは前後ともに自動開閉が可能だ。ボディサイズは全長が5391mm、全幅は1950mm、全高1544mmとなっている。

 インテリアは、さらにデジタル化が加速。BMWカーブドディスプレイを中心としたコクピットは、5G対応のeSIMも装備されていて、BMW iDriveも進化をしている。

 後席用として8K解像度の31.3インチ、パノラマディスプレイも装備。こちらはアマゾンFireTVの利用も可能。後席のドアハンドルには、5.5インチのタッチコントロールディスプレイが内蔵されている。前席ではコントロールディスプレイ上で、YouTubeのオンデマンド・ストリーミングも利用できるとのことだ。

 i7のパワーユニットは、システム出力400kW(544ps)というふたつのモーターを中心としたもの。航続距離はWLTPモードで625km、急速充電器で10分間充電をすると、170kmの走行が可能とのこと。これはバッテリーとともに、101.7kWhの容量を持つキャパシタを搭載していることから可能となったものだ。自動運転はレベル3に対応している。

Next新型「7シリーズ」のラインナップを全容とは
Gallery【画像】細目で巨大キドニーがなぜかカッコイイ新型「7シリーズ」を見る(31枚)

page

RECOMMEND