VAGUE(ヴァーグ)

千葉・木更津に誕生した「オーシャンビューのオーベルジュ」は“泊まれる鮨屋”がコンセプト

オーシャンビューのスイートルームで過ごす極上のひととき

 東京湾アクアライン経由で都心からのアクセスも良好の千葉県木更津市にある鳥居崎海浜公園に、温泉複合施設「鳥居崎倶楽部 HOTEL&SEAFOODS」がグランドオープンした。

 同施設は、木更津市が進める“みなとまち木更津再生プロジェクト”の再開発地区に建てられた宿で、“木更津パークベイプロジェクト”と呼ばれる再開発地区のメインとなる施設だ。

都心からのアクセスも良好の千葉県木更津市にある鳥居崎海浜公園にグランドオープンした、温泉複合施設「鳥居崎倶楽部 HOTEL&SEAFOODS」
都心からのアクセスも良好の千葉県木更津市にある鳥居崎海浜公園にグランドオープンした、温泉複合施設「鳥居崎倶楽部 HOTEL&SEAFOODS」

 そんな「鳥居崎倶楽部 HOTEL&SEAFOODS」の特徴について、広報の石井さんは次のように語る。

「新施設は、鮨屋に泊まる“鮨オーベルジュ”をコンセプトに、温泉を備えた複合施設として設計しています。地上2階建て、全6室の構成で、これまでになかった新しいスタイルの温泉旅館をお楽しみいただきたいという構想を形にしました。

 すべての客室から東京湾を一望でき、空気が澄んだ日には富士山も望むことができます。なかでもおすすめは、80平米の『TORIIZAKIスイートルーム』。4名さまで宿泊いただける広々とした空間で、ゆったりとおくつろぎいただけます」

 客室のインテリアは、部屋ごとに異なるこだわりの仕立て。宿泊客のスタイルや好みに合わせた過ごし方で、ラグジュアリーなリゾートステイを楽しめる。

Next江戸前鮨を食べて温泉でくつろぐ贅沢な美食旅
Gallery【画像】千葉・木更津にオープンした“鮨オーベルジュ”の魅力を写真で見る(9枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND