F1初勝利から35周年! 伝説のF1パイロット「アイルトン・セナ」を覚えているか

イギリスのロータス・カーズは2020年4月21日、伝説のF1パイロットだったアイルトン・セナの最初のF1勝利から35周年を祝うコメントを発表した。

35年前の4月21日が伝説のはじまり

 イギリス・ロータスカーズは2020年4月21日、アイルトン・セナがF1で初優勝してから35周年を祝うリリースを発表した。

1985年のポルトガルGP、優勝したアイルトン・セナ (c)Classic-Team-Lotus

 伝説のブラジル人レーサー、セナがF1で初優勝したのは1985年4月21日のポルトガルGP。当時25歳になったばかりのセナは、ロータス97Tのハンドルを握っていた。

 このグランプリで、セナはF1参戦16戦目で自身初のポールポジションを獲得。台風のような豪雨に見舞われた決勝でも、終始トップを走行し、2位となったミケーレ・アルボレートに1分以上の差をつけ、さらに3位以下はすべて周回遅れにする快走を見せ、エストリルサーキットに来たファンの目を釘付けにした。

 当時、セナのチーフメカニックだったクリス・ディナージは「じつはセナは、ウエットでマシンをテストしたことがありませんでした。エストリルの観客が『ちょっと待て、セナがほとんど全員をラップしている』と叫んだのを聞いて、われわれはなにか特別な才能があることを知ったのです」とコメントする。

 ちなみにセナは、これ以来65回のポールポジションを獲得するが、それを超えるのはミハエル・シューマッハとルイス・ハミルトンしかいない。

 このポルトガルGPは悪天候のため、わずか9台が完走したにすぎなかった。セナは後に「クルマはあらゆる場所で滑っていた。これを制御することはとても大変だった。芝生の上に4輪がすべてあると、もう完全に制御不能になったが、運良くコースにもどってくることができたよ」とコメントしている。

 この勝利はロータスに移籍して2戦目の快挙。セナはこののちのキャリアで41回のF1優勝を重ねているが、そのうちの6回がロータスによるものだった。

 ロータス97Tのシャシには、F1として初めてバージボードを採用。これは前輪とサイドポッドの間に配置する垂直面のエアロパーツのことだが、今日のF1でもまだ存在するパーツとなる。ロータス97Tはこのシーズン、セナと、同僚デ・アンジェリスをドライブで8回のポールポジションと3つの勝利をおさめている。

 現在、セナがエストリルで優勝したロータス97Tの実車は、「クラシックチーム・ロータス」が所有・保守している。

 クラシックチーム・ロータスのマネージングディレクターであり、ロータスの創設者、コーリン・チャップマンの息子であるクライブ・チャップマンは「アイルトンの技術的能力や運転スキル、ハードワークはすぐにチームロータスにとって重要な要素であることがわかり、ロータスとアイルトンとのジョインはすぐに成功に至った」とコメントした。

 ※ ※ ※

 この後1987年シーズンに、ロータスはホンダエンジンを獲得。そしてセナのチームメイトに中嶋悟が加入した。翌年1988年にセナはマクラーレンに移籍、自身初のワールドチャンピオンを獲得している。

 その後マクラーレンを離れ、ウイリアムズに移籍したセナは1994年の第3戦サンマリノGPでクラッシュ、帰らぬ人となった。

 セナはモータースポーツだけではなく、スポーツ界のアイコンとなり、悲劇的な死を遂げたにもかかわらずセナはレース界で伝説であり続けている。

Gallery:セナ伝説はロータスからはじまった! 在りし日のセナを画像で見る(4枚)