VAGUE(ヴァーグ)

ゲリラ豪雨でも安心! 日本のあらゆる気候に対応した「全天候型ビジネスバッグ」の実力とは?

完全防水バッグを日常的に使うのは大変

 日本の老舗バッグメーカー・エースが展開するバッグ&ラゲージブランドのace.から、変化の激しい日本の気候に対応する機能を備えたビジネスバッグシリーズ「マルチタイド」が登場した。昨今増えているゲリラ豪雨をはじめ、高温多湿な状況や不意の降雪なども想定した悪天候時に頼れるビジネスバッグだ。

昨今増えているゲリラ豪雨をはじめ、高温多湿な状況や不意の降雪なども想定した悪天候時に頼れるビジネスバッグ「マルチタイド」シリーズ
昨今増えているゲリラ豪雨をはじめ、高温多湿な状況や不意の降雪なども想定した悪天候時に頼れるビジネスバッグ「マルチタイド」シリーズ

「マルチタイド」シリーズの開発背景について、エースでマーケティングを担当する森川さんは次のように語る。

「ゲリラ豪雨などの大雨に見舞われた際に気になるのが、ノートパソコン、タブレットといった“水ぬれに弱い“電子機器の存在です。なかでもビジネススタイルの多様化以降、ノートパソコンを持ち歩く機会が増えた方も多いと思います。実際、店頭にも『ノートパソコンを持ち歩くので防水性を備えたバッグを探している』と来店されるお客さまが増えています」

 そうしたニーズの高まりを受け、エース社内でも防水バッグの企画が検討されたという。しかし議論を重ねるなか「完全防水のバッグを毎日使うのは、実は大変なことなのでは?」という意見が出たことが、発想の転換点だったと森川さんはつづける。

「水がバッグ内に入らないロールトップ開口部は、移動中、荷物を出し入れするのに手間がかかります。また、止水ファスナーに比べると、ノーマルタイプのファスナーの方が軽い力でスムーズに開けられます。そのため本シリーズのポイントは、そうした利便性をバランスよく盛り込みながら、優れた防水性を兼備させることだと考えました。

 たとえば『マルチタイド』シリーズのリュックでは、利便性を可能な限り損なうことなく、水ぬれ対策としてフロントポケット部のみをコーティングファスナー仕様にしました。さらに“ウォーターシールドポケット”と“レインカバー”を装備することで、機能性と使い勝手のバランスをはかっています」

●豪雨や暑さ、自転車通勤への対策

 ここからは、代表的なモデルであるリュックタイプをテキストに、「マルチタイド」に備わる機能について詳しく見ていこう。

 ベース生地の素材には、はっ水性を高めるテフロン加工済みのコーデュラナイロンを使用。豪雨対策として、雨やほこりが入りにくいウォーターシールドポケットを前面に配置し、水ぬれに弱い腕時計やスマートフォンなどを安心して収納できるようにした。

 さらに下部には、取り外し可能なレインカバーを収納しており、激しい豪雨や雪の際にも簡単&スムーズにリュック全体を覆うことができるようにした。

専用のレインカバーが付属。不意のゲリラ豪雨の際なども雨や汚れから大切な荷物を守る
専用のレインカバーが付属。不意のゲリラ豪雨の際なども雨や汚れから大切な荷物を守る

 暑い季節の快適性に考慮して、リュック背面には凹凸のあるクッション材を使用。放熱性を高めることで背中の蒸れを軽減するエアベンチレーション構造として空気の通り道を確保した。

 ワークスタイルの多様化に合わせて採用された、オン/オフ兼用できるルックスもポイント。悪天候に対応する優れた機能性と多彩なシーンにマッチする「マルチタイド」シリーズは、ビジネスパーソンにとって新たな選択肢となりそうだ。

●製品仕様
■各モデル共通
・素材:コーデュラナイロン
・カラー:ブラック、コヨーテ

■リュック小
・価格(消費税込):2万8600円
・サイズ:29×42×11cm

■リュック中
・価格(消費税込):2万9700円
・サイズ:30×43×13cm

■リュック大
・価格(消費税込):3万1900円
・サイズ:31×46×15cm

■ボディバッグ小
・価格(消費税込):1万2100円
・サイズ:30×19×8cm

■ボディバッグ大
・価格(消費税込):1万3200円
・サイズ:35×24×8cm

Gallery【画像】雨や雪への対策機能と使い勝手を両立した新発想ビジネスバッグを写真で見る(8枚)

RECOMMEND