VAGUE(ヴァーグ)

ジャッキー・チェンが映画『キャノンボール2』で運転した「スタリオン」とは? 北米名「コンクエスト」がいま狙い目です

北米で「コンクエスト」という名のクルマは、日本名「スタリオン」だった

 クライスラー「コンクエスト」がアメリカ・フロリダ州のフォートローダーデールで開催されたRMサザビーズオークションに出品された。

 コンクエストとはなんぞやと思った人も、写真を見て納得した人もいるはずだ。というのもこのクルマは、三菱が1988年から1990年まで製造・販売をしていた「スタリオンGSR−VR」なのだ。

リトラクタブルヘッドライトを採用していた日本名「スタリオン」(C)2022 Courtesy of RM Sotheby's
リトラクタブルヘッドライトを採用していた日本名「スタリオン」(C)2022 Courtesy of RM Sotheby's

●北米やオーストラリアにも輸出されていた「スタリオン」

 スタリオンは、1982年に登場している。当初は、G63B型2.0リッター4気筒キャブターボエンジンを搭載したGXもあったが1年少しでカタログ落ちとなっている。電子制御式燃料噴射を採用したモデルはGSRというグレード名が与えられた。

 当時発売されていたのは、仕様が違うGSR−I/GSR−II/GSR−III/GSR−Xというグレード。その後この2.0リッターエンジン搭載車は、1984年にマイナーチェンジをうけ、GSR−Vへと進化。さらに1987年には、ブリスターフェンダーを装備し、前後に215/60R15というサイズのタイヤをセットした、ワイドボディのGSR−VRが限定車として登場している。

 2.6リッターターボエンジンを搭載したGSR−VRが登場したのは、1988年になってからのことだ。ワイドボディであることは2.0リッターバージョンと同じだが、タイヤサイズはフロントが205/55R16、リアは225/50R16と、前後異サイズを設定。

 そんなスタリオンは、オーストラリアやヨーロッパ、北米にも輸出されていた。それと同時に、当時三菱と提携していたクライスラーにもスタリオンは供給され、1986年までは「ダッジ・コンクエスト」、そして「プリムス・コンクエスト」というモデル名で販売されていた。

Next『キャノンボール2』でジャッキー・チェンが乗ったクルマの落札価格は?
Gallery【画像】一周回っていまカッコいい! 日本名三菱「スタリオン」を見る(39枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND