VAGUE(ヴァーグ)

意のままに操れる「CX-60プロト」はマツダ車の面目躍如! 乗ってわかった新開発シャシが秘めた可能性

CX-5と比べてひと回り大きくて重いCX-60

 日本仕様が正式にお披露目されたマツダ「CX-60」。そのプロトタイプをひと足早く、マツダ美祢自動車試験場で開催された“ラージ商品群技術フォーラム”でドライブすることができた。

マツダ“ラージ商品群”の第1弾となる「CX-60」のプロトタイプをテストコースでドライブ。新たなメカニズムを採用するものの、マツダ車らしいドライビングの楽しさが継承されていた
マツダ“ラージ商品群”の第1弾となる「CX-60」のプロトタイプをテストコースでドライブ。新たなメカニズムを採用するものの、マツダ車らしいドライビングの楽しさが継承されていた

 その気になるドライブフィールを紹介する前に、マツダがいうところの“スモール商品群”に属す「CX-5」と、“ラージ商品群”第1弾となるCX-60の車両サイズを比較しておきたい。

 CX-5は全長4575mm、全幅1845mm、全高1690mmで、ホイールベースは2700mm。車両重量は2.2リッター4気筒ディーゼルターボを搭載するグレード「XDスポーツアピアランス」で1650kgとなる。

 一方、今回試乗したCX-60のプロトタイプは欧州仕様で、全長4742mm、全幅1890mm、全高1691mm、ホイールベースは2870mmと紹介された。ちなみに車両重量は、3.3リッター6気筒ディーゼルターボ仕様で約1900kgとなっている。

 これらスペックからもわかるとおり、CX-60はCX-5と比べてひと回り大きくて重い。その違いがドライブフィールにどのような影響を与えるのか、興味津々でプロトタイプへと乗り込んだ。

●爽快な走り味も“e-スカイアクティブ-D”の魅力

 はじめにドライブしたのは、“e-スカイアクティブ-D”と呼ばれる3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボ。最高出力254ps、最大トルク550Nmを発生するエンジンに、17ps、153Nmを発生する小型モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様だ。まだプロトタイプということで、モーターアシスト時のあらさなどが感じられたが、パワートレインが秘める実力の一端は十分感じられた。

“e-スカイアクティブ-D”と呼ばれる3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボは、最高出力254ps、最大トルク550Nmを発生するエンジンに、17ps、153Nmを発生する小型モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様
“e-スカイアクティブ-D”と呼ばれる3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボは、最高出力254ps、最大トルク550Nmを発生するエンジンに、17ps、153Nmを発生する小型モーターを組み合わせたマイルドハイブリッド仕様

 燃費や排出ガス性能を追求すべく、最大トルクを“あえて”550Nmに抑えた3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボだが、1500rpmという低回転域から2400rpmまで550Nmものトルクを発生するため、約1900kgという重量級のボディをグイグイと前へ押し出していく。また、アクセルペダルの動きに対するレスポンスも良好で、クルマがひとクラス軽くなったかのような印象さえ受けたほどだ。

 タイトなコーナーを立ち上がり、短いストレートで全開加速を試してみたところ、130km/hオーバーまで軽々と加速した。マツダによると、最高速度は220km/h、静止状態から100km/hまでの到達タイムは7.3秒というが、そのデータが誇大ではないことを実感させる速さである。

 しかも、ドライブしていて爽快な点も“e-スカイアクティブ-D”の魅力である。全開加速時には、ドライバーの気分を盛り立てる心地いいサウンドが耳に届く。開発陣によると、人の気持ちに訴えかける音づくりを追求してきたというが、その努力は見事に実を結んでいる。

Nextスポーツカー級のパワーと大排気量ディーゼルに迫るトルク
Gallery【画像】後輪駆動ベースでもマツダ車らしさは不変の「CX-60」を写真で見る(19枚)

page

  • 1
  • 2

RECOMMEND