VAGUE(ヴァーグ)

F1由来の電動ターボを市販車初採用! 4気筒なのにメルセデスAMG新型「SL43」に注目が集まっている理由とは

V8の次は直4をラインナップした「SL」

 2021年10月に発表されたメルセデスAMG「SL」は、ソフトトップへの回帰、後部座席の追加、AMGによる専用設計など、驚きの連続だった。グレード構成は、V8ツインターボを採用した「SL65」と「SL55」の2モデルのみだったが、新たに直列4気筒エンジンを搭載した「SL43」が発表された。

2022年4月に発表された、メルセデスAMG「SL」の4気筒バージョン(C)Mercedes Benz Group
2022年4月に発表された、メルセデスAMG「SL」の4気筒バージョン(C)Mercedes Benz Group

 優雅なロードスターとして長年愛されてきたSLは、そのイメージどおりV6やV8、V12といった大型エンジンを搭載したモデルをラインナップしてきた。しかし、今回はメルセデスAMGが、4気筒という小さいエンジンを採用。それが話題を呼んでいる。

 ちなみに歴代SLでは、初代のW121型のみ直4を採用していたが、主力グレードに搭載したのは、あくまでも直6エンジンであった。

●ダウンサイジングは廉価版を意味しない!?

 直4エンジンゆえに、読者の中にはSL43は廉価仕様ではないのか? と思う方もいるだろうが、実は違う。メルセデス・ベンツの市販車で初めて、電動モーターを内蔵した「電動ターボ」を搭載した画期的なモデルであるからだ。

 この電動ターボは、F1の世界でメルセデス・ベンツが活用している技術を応用したもので、過給器の名門であるギャレットと共同開発している点も見逃せない。

 SL43の電動ターボは、内部の排気側タービンと吸気側タービンに、約40mmの電動モーターによって動作可能なチャージャーシャフトを内蔵している。

 普通のターボでは排気ガスを利用するため、アクセルを踏んでから、エンジン回転数が一定数に上がるまでターボを利かせることができなかった。

 しかし、この電動ターボは、低回転域でも電気モーターの力でタービンを強制的に回すことで、ターボを利かせることができるのだ。つまり、ターボラグを抑え低回転域からトルクを発生させることができるようになったのだ。

 V8よりも軽量な直4を搭載するSL43は、俊敏なハンドリングで、レスポンスに優れた軽やかな走りを楽しめるだろう。パワフルさよりも運転する楽しさを! という方は、このSL43に注目していただきたい。

>> メルセデス・ベンツ・SL の中古車をさがす

Gallery【画像】4気筒でも威風堂堂たるメルセデス「SL」を見る(8枚)

RECOMMEND